ケトジェニックダイエットでリバウンド!?防ぐ方法やリカバリー方法

ケトジェニックダイエット リバウンド ケトジェニック悩み

ケトジェニックダイエット終了後糖質を摂りすぎるとリバウンドする!!

ケトジェニックダイエットはリバウンドをするという噂を聞いたことはないだろうか?

もしくはリバウンドしてしまったさなか悩みつくし辿り着いたのだろうか?

ケトジェニックダイエットでリバウンド発生確率は20%程度ある。
※ケトマル調べ。

それは、ケトジェニックダイエットのやめ方に問題があるからだ。

それさえ守ることができればリバウンドなんて防ぐことは余裕である。

この記事ではリバウンドを防ぐ方法、そしてリバウンド後の食事の方法について解説する。

リバウンドが起こるのは糖質の摂りすぎ

糖質を摂りすぎるとリバウンドしてしまう。

糖質を摂ると太るという仕組みは理解できているだろうか?

糖質は過剰摂取により糖質自身が中性脂肪として蓄積され、さらには脂質を中性脂肪として蓄積させることにも一役買っているのである。

とにかく糖質を摂取すると、脂肪がつくしか道がないのだ。

ただし、人類の大半は糖質を摂取しているが痩せている人も太っている人もいる。

米やパスタ、トウモロコシ、パン、これらは全て糖質である。

糖質が脂肪として蓄積されるのには、体内で異常な程糖質があまった場合に限定されるので、糖質が全て脂肪になるのではなく食べ過ぎた分だけが脂肪になるということだ。

だから食べ過ぎてはいない人は痩せているのである。

そう。

そもそもケトジェニックダイエットを始める前の食事自体が糖質の摂りすぎだったと考えられるのだ。

しかしいくら当時そんなには糖質を摂取していなかったとしても、ケトジェニックダイエット後の身体では太ってしまう可能性が高いのだ。

通常に戻しても太りやすくなっている

インスリン感受性が敏感になっているからである。

インスリンとは、糖質を脂肪として蓄積する働きを持つホルモンだ。

長い間体内に糖質が入ってきていないということは、ケトン体で体が動くとはいえ、飢餓状態を感じてはいる。

飢餓状態を感じると少しでも体内にエネルギーが入ってくると、実際に使うエネルギーは少なくして今後のために脂肪として蓄積しておこうという動きが活発になるのだ。

これは因みに、1食しか食べないのに太るのと同じ原理だ。

つまりケトジェニックダイエットの間、体にはほとんど糖質が入ってこなかったので、インスリンの働きが敏感になっているのだ。

だから、通常の糖質量にいきなり戻してしまうと、リバウンドしてしまうのだ。

どうやってリバウンドしないようにするのか?

リバウンドしないようにするには、ケトジェニックダイエットの辞め方が重要になる。

徐々に糖質を増やすように食事を変えていく。

例えば、毎日3食ケトジェニックダイエット用のご飯を食べていて元の食事に戻したい場合、まず1週間1食だけ糖質を摂取するようにしよう。

例えば昼食のみお昼に糖質を摂取するようにするなど。

そこまで万全を期して辞めることができれば、リバウンドしないようにすることはできる。

実際にリバウンドしてしまった場合は?

実際にリバウンドしてしまった場合、あなたはケトジェニックダイエットを辞めてからどれくらいたっているだろうか?

またあなたはトレーニングをしているだろうか?

トレーニングをしていて大幅に体重が増えたなら潔く諦めて筋肉をつける増量にシフトすることをオススメする。

もし本当に痩せたい場合、今からでもいいので糖質の摂取量を抑えてみよう。

これ以上の増加を防ぐことはできるだろう。

もし、以前よりも完全に太ってしまったのであれば、再度ケトジェニックダイエットを行い正しくケトジェニックダイエットを辞めるようにすればよい。

糖質の摂りすぎが心配?

糖質の摂りすぎが心配で不安ならない場合、ザ・糖質プレミアムダイエットというサプリメントを摂取すればOK。

これなら多少食べ過ぎが合った場合でも、腸内で糖質の吸収を徹底的に押されてくるのだ。

糖質は腸内で吸収され肝臓に運ばれる。

そこでインスリンが働き中性脂肪として蓄積されるが、腸で吸収されずそのまま排泄されるのでインスリンの影響を一切
受けない。

もちろん、全く摂らないとなるとインスリン感受性は敏感なままだから、普通に食べてザ・糖質プレミアムダイエットを飲むのがベストな使用方法になる。

リバウンド対策まとめ

リバウンドを防ぐためにはケトジェニックダイエットのやめ方が重要になる。

糖質は少しづつ摂取するようにして、いきなる大食いしないようにしよう。

糖質の過剰摂取が怖いなら、ザ・糖質プレミアムダイエットを使用するのがいい。

タイトルとURLをコピーしました