ケトジェニックダイエット中の調味料について【塩・こしょう】

ケトジェニックダイエット 調味料 ケトジェニック食事法

ケトジェニックダイエット中に使用できる調味料は以下に限られる。

塩、味噌、しょうゆ、酢、ポン酢、わさび、しょうが、唐辛子、柚子胡椒、豆板醤、マヨネーズなど

ちょっとした調味料にも糖質が含まれるのだ。

和食にかかせないみりんや日本酒もNG。

もちろん代替品もある。

ケトジェニックダイエットを始めるにあたって、何の調味料を買えばいいかわからない人に参考になる記事になっている。

これさえあればいい調味料とは?

個人的に塩とコショウさえあれば割と何とでもなる。

もし油も調味料に入れるなら、オリーブオイルとMCTオイルは欲しい。

サラダ油は基本的に使わない。

塩、コショウ、オリーブオイル、MCTオイルがあればいい。

香りが良くなるのでココナッツオイルを利用するのも良い。

ココナッツオイルでスクランブルエッグを作るとキレイな黄色の美味しそうな卵が食べられる。

お肉を焼く時も、コショウで焼くとしっかり味がついて美味しく仕上がる。

アボカドを半分に切って、くぼみにMCTオイルと塩を塗して食べると美味しい。

絶対に使ってはいけない調味料

ドレッシング、ソース、トマトケチャップ、白味噌、カレールウ、本みりん、はちみつ

以上の調味料は使用できない。

砂糖に関しては最悪代替で何か使うならエリスリトール、ラカントSがオススメ。

ケトマルはラカントSを購入しているがほとんど使うことがない。

特段、甘党でなければ買う必要はないが、料理の幅が広がるのは間違いないのは確かだ。

カレールウはNGだが、カレー粉であればOK。

もちろん低糖質なものを選んだ方がいい。

もちろん食べ過ぎは良くないが、気休めにはなる。

ケトマルはライスの代わりにスクランブルエッグを使っていることが多い。

普段別で食べているアボカドや、アーモンド、ブロッコリーなど全部ぶち込んでしまっても良いかもしれない。

タイトルとURLをコピーしました