ケトジェニックダイエットで尿からケトン体濃度を測定する方法

ケトジェニックとは

ケトジェニックダイエットをする上で大事な指標となる、体内のケトン体濃度の目安を知るための方法を紹介する。

測定方法は尿検査だ。

因みに他には呼吸検査や、血液検査などがある。

ただ、一番手っ取り早く簡単にできるので尿検査をオススメしている。

この記事を読めば、自分がケトーシスに移行しているかどうか理解する方法がわかるようになっている。

尿でケトン体濃度を測定する方法

ケトン体濃度を測定する方法は尿検査だ。

尿でケトン体濃度を測定するためには特別なキットが必要になる。

ケトスティックス

検査紙の先に尿をかけて変色具合で濃度を確認するという内容だ。

方法は3ステップ

①検査紙を取り出す
②検査紙の先に尿を当てる
③15秒程待って色の変化を確認する

とてもシンプルで簡単である。

冒頭でも説明したが、呼吸で検査するものや、血液で検査するものがおおい。

実際には一番正確に測れるのは血液である。

しかしなかには血液をとるために、針を刺すのが苦手な人もいるだろう。

また、アマゾンなどで購入するにしても医療関係の従事者でないと購入ができない。

呼吸に関しては、現在販売しているものが中国製の物が多く、利用者の声を拾ってみても今のところあまりいい声を聞けなかったので紹介しない。

私自身も使ったことがないので紹介は控えておく。

素人が最も簡単にケトン体濃度を測定する方法は尿検査である。

尿にケトン体が混じるが血液と誤差アリ

しかし実際の所、尿にケトン体が含まれているからと言って血液にも同程度のケトン体が含まれているかというとそうではない。

実はほんとうに正確なところまでの整合性は確認できていない。

尿にケトン体が多いからと言って血液に多いとも少ないと言えず。尿にケトン体が少ないからと言って血液に多いとも少ないとも言い切れない。

ただ、ケトン体体質にかわりつつあることの目安になる。

使い方としては「あ、しっかりケトーシスに移行している可能性が高いな。」と自分を安心ささせるために使おう。

実際にケトン体測定してみた

実際にケトン体測定を行うとどうなるのか、写真をお見せしていく。

私はケトスティックスという検査紙を使っている。

元々は肌色で、水に浸しても色は変わらない。

ここにケトジェニックダイエットを始めて2日目の状態で尿をかけると下記の様になった。

ケトジェニック 尿検査

しっかり、色が変色している。

実際に私はそれ以降一気に体重が減っていったので、ケトーシスに移行していたことがわかった。

ケトスティックスが安全に購入可能

ケトスティックスを使用しているのだが、もちろん他にもアマゾンで検索するとケトスティックスなるものはたくさんヒットする。

しかし、そのどれもが不自然に値段が安かったり「Guide」などと書かれている。

これらは全て説明書のようで、実際のケトスティックスは手に入らない。

ケトスティックス

ではケトスティックスをどこで手に入れるのか?

楽天で購入すると送料込みで2300円程で購入が可能だ。

また、2,3日程で到着するのでかなり早い。

楽天で買うのが無難だと思うので、是非今すぐ始めた人は楽天開けてみよう。

ケトン体濃度の計測方法まとめ

ケトン体濃度は尿検査で確認可能。

3ステップで至ってシンプル。

①検査紙を取り出す
②検査紙の先に尿を当てる
③15秒程待って色の変化を確認する

購入する検査紙はケトスティックスが楽。

ヤフーショッピングで安全に購入が可能。

タイトルとURLをコピーしました