「お見合い」で次のデートを取り付けるテクニック!

元仲人

「お見合い」で次のデートを取り付けるテクニック!という話をしていきます。
※前置きが長くなりますが、準に解説していきます。

お見合い後の初デートでは食事のみが基本ですよーと婚活担当者は皆さんにお伝えしていると思います。
ではなぜ初デートは食事のみが基本なのかと言うと、二つあるんです

まず一つ目は

ほぼ初対面同士の男女が長時間一緒にいると疲れるか気疲れするからというのが一つ目になります。

そして二つ目は

次回のデートの約束を取り付けるためなんですね。
もしあなたが女性と今後も会っていきたいと考えたら、メールで次回のデートをお誘いするというような悠長なことをして いてはいけないんですね。

なぜなら、最初の段階で女性が男性に好意を抱いているというケースはほとんどありません。
そのため、初デートが終わった後にまたメールで誘うとなると、女性側からしてみたら非常に断りやすい環境になるんですね。

面と向かって言われないので

めんどくさいな、会いたくないなと思われたら、スルーされるかもしくは担当者を通してお断りされることになります。

そういった事態を極力防いで、次に繋げていきたいと考えるならば、日時場所まで決めて直接女性にデートのお誘いする。
女性も面と向かって誘われたから断りにくいな、と次のデートに応じます。

元仲人

そうして何度もあっていくことによって
女性も男性に対して好意を抱いてくれる

なんか最初に比べて一緒にいて楽かもしれない。
そのように気持ちの変化があればラッキーになります。

次に繋がらないよりは、次につなげて女性の気持ちが変化してくれたならば、それはそれで本当に運命の方だったということになります。
その努力を男性の皆さんにはしていただきたいんですね。

元仲人

でどうしたら次回のデートをベストなタイミングで取り付けることができるかと言うと、デート中になるんですね。
お食事をしてますと、でその時にどんな会話をしていいかわからないと言われる方も少なくありません。
そのお食事中にこういった会話をすれば次につなげることも出来ますし、沈黙になりにくくなります。

ぜひこれを利用していただきたいなと思います。

まず男性が、 今お食事中に
「あ、そういえば花子さんって休日どんなことされてるんでしたっけね。」
花子さん「友達と買い物に行ったりカフェ巡りしてるんですよ。」
「僕もカフェが好きなんです」と。
「ブラック派ですかそれともカフェラテみたいな甘党の方ですかね。」
花子さん「私は断然甘党です。特にカフェラテが好きなんですよ。」
そしたら男性が「有名なお店知ってるんです。もしよかったら今度一緒に行きませんか。」と直接お誘いします。

女性が「嬉しいですぜひご一緒させてください。」
踏み込めない男性はここで会話がストップしてしまうんですね。

ポイント
で結果としてメールで詳しい日時を決めればいいかなと悠長な考えになってしまうんですが、そうなると女性は、モチベーション下がってしまったり、面倒くさいと思われたら日時を決めずに、またちょっと予定がわかったら教えますとフェードアウトされてしまうケースがあります。

ここで終わるのではなく 一歩踏み込んでさらにその先、
「やったありがとうございます、じゃあ来週の日曜日はどうですか」と詳しい日取りまで決めていくので、
女性が「日曜日大丈夫です」とあれば
「カフェなので3時ぐらいにどこどこ駅の前で待ち合わせしましょう」とこの日に具体的に決めると。
そうすると女性は面と向かって誘われると断りにくくなりますので、あまり乗り気がしなくてもこれだけ誘ってくれるのだったらまた行ってみようかなという気持ちになります。

なんといっても、この女性が興味のあるカフェラテ。
そしてラテアートが有名なお店に行けると女性自身も男性と会うことがものすごく楽しみ、というよりかはこのお店に行くことが楽しみとモチベーションを高くデートをすることができます。

ぜひ男性の皆さんは、このお食事中に女性がどんなことに興味があってどんなものが好きなのか、というのを引き出していただいて、女性が喜びそうなデートプランを盛り込むと女性は非常に乗り気でデートのお誘いを承諾してくれると思います。

元仲人

お見合い後の初デートはできるのに、その後が全く繋がらないとか、女性からお断りされるとあれば、ぜひ食事中にこういった会話を心がけていただいて、次のデートに繋げていただければと思います。