「婚活」【趣味が違う相手】を選んだほうが上手くいく?!

ポイント
多くの方は、趣味が同じとか
好きな食べ物が同じな夫婦はうまくいくんじゃないかという風に勘違いしてしまいがちなんですが
結婚生活を円満するには、好きなものが同じな夫婦ではなく
嫌いなものが同じ夫婦の方が夫婦生活がうまくいきますようというデータが出ているんですね。

例えば好きなものが同じ夫婦は、

女性男性共にツーリング・パスタが好きだという方で
反対に嫌いなものが、
女性はサッカーで納豆が嫌い
男性は人混みが嫌いレッドが苦手という夫婦がいたとします。

元仲人

この時には好きなものが同じであれば休日にツーリングを楽しんだり
パスタを食べに行って楽しい時間を過ごすことはできると思うんですね。

ただ嫌いなものが違うことによって

例えばこれからゴールデンウィークで久しぶりの連休だから私は旅行に行きたい
でも男性は人混みが苦手だからわざわざゴールデンウィークに旅行に行って人混みを歩くようなことはしたくない
家でゆっくりゲームをしたりとかテレビを見て過ごしたい
このように意見が真っ二つに分かれてしまうんですね。

夫婦っていうのは好きなものが同じというよりは

嫌いなものが原因で意見が割れたほうが
喧嘩が発生しやすく
そして価値観が合わないなという風に感じやすいものなんですね。

そのためこういった小さい喧嘩であればいいんですが

注意
例えばもっと大きな喧嘩
男性はマイホームは欲しくないと
お金がそれなりにかかるから気が楽な賃貸でいいんじゃないか
女性は結婚したらマイホームを持つのが夢だと
絶対に私は アイホームを建てたい
このように大きなことでも、意見が真っ二つに分かれてしまいます。

元仲人

やはり修復不可能な喧嘩になってしまいますよね
結果として価値観が合わなかった相性が合わなかったために離婚しますということにもなりかねません

一方嫌いなものが同じ夫婦はどうかと言うと、

女性は手芸・パスタが好き
男性はツーリングとラーメンが好き
好きなものが全く違っても夫婦生活には何ら影響がないんですね。

元仲人

好きなものは好きなもの同士で
楽しめばいいですし

逆に男性が手芸が全くわからないとなると
女性が子供に手芸教えたり、
マフラー編むことができるので、苦手なものを補えることができます。

嫌いなものが全く同じ

人混みが嫌い
ペットも苦手だと
そうなると自分達は人混みが苦手だから
じゃ、わざわざゴールデンウィークどこか出かけなくても家でゆっくりしましょうよと
近くのスーパーとかショッピングモールに出かけてぶらぶら楽しんで
疲れたらすぐ帰れるようなことがいいよねって意見が一致するんですね。

元仲人

私ペットのアレルギーもあるから買わないって
夫婦の意見が嫌いなものが一致することによってより絆が生まれます。

この人とはやっぱり相性がいいなという風に感じやすいんですね。

そのため好きなものが同じということは
最初お見合い時は大いに盛り上がると思うんですね。

そのため意気投合している

相性がものすごくいいというふうに思うんですが
夫婦生活が長くなるにつれて嫌いなものが違うとなればこの時点で相性が悪いと感じて しまいます。

元仲人

一本こちらの方は好きなものが全く違う
なので、始めから話が全く一致するっていうことはなくツーリングが趣味なんですね。

好きなものが違うことで喧嘩はまず起きません
ただ嫌いなものが同じではなければこちらの夫婦のように喧嘩が起きてしまう原因になってしまうんですね。

ポイント
そのためのお見合いをする方は
趣味が一緒だからこの人がいい
話が合いそうだなって安易決めるのではなくて
あえて趣味が真反対か
全く自分にはあの経験のないような趣味をしている方が話があって楽しいということにもなります。

なので、ぜひその趣味だけで決めつけるのではなくて
まったく話が合いそうにない方にあえて申し込むことによって
より視野が広がって色んな女性と出会うことができます。
なので、今後のお相手選びの参考にしていただければと思います。