お見合いで女性が聞きたくない話

元仲人

お見合いで女性が聞きたくない話というものをお伝えさせていただきます。

まず一つ目は過去の交際相手の悪口を言う男性

過去にお付き合いしていた女性が図々しくって、いつも自分がお金を出していたのにお礼を言わなかったとか、めちゃくちゃわがままだったとか、顔はすごく美人だったけどだらしない性格だったとか。

注意
過去にお付き合いしたことのある女性の悪口を言ったり、過去のお見合い相手とまったく話が弾まなくて地獄の1時間だったよとか。
そんなこと言われると全くいい気持ちになりませんよね。
それどころか自分ももしかしたら今後この男性に悪口を言われる対象になるんじゃないかな。

元仲人

そのように考えると喋れなくなりますよね。
窮屈な時間になってしまいます。

自分の婚活歴を話す男性

注意
今まで何年婚活して何人の人とお見合いをして、過去にこんな女性がいて面白かったんだよとか、婚活を成功させるためにはこう工夫した方がいいよ。
このように婚活歴をベラベラ喋り出す男性がいらっしゃいます。

はっきり言って、女性はこう言ったこと聞きたくもないんですね。
あくまで女性はこの目の前の男性がもしかしたら結婚相手になるかもしれない。
そういう可能性をこめてきているにも関わらず、そんな男性からこんな話を聞かされたって全く楽しくありませんよね。
あなたの逆の立場になったらお分かりだと思うんですが、

元仲人

女性からこういった話きかされても全く楽しくないですし、この時間は何なのということになると思います。

ですから、こういったお話をお相手にしてしまうと、お相手はあなたのことを結婚相手とはもう考えることができなくなって、ただの婚活仲間だと思うんですね。

注意
結婚相談所におけるお見合いの本来の目的は、自分の過去を知ってもらったり受け入れてもらうもの、もしくはたわいのない話をしてお互いのフィーリングを確かめる場所これどちらだと思いますでしょうか。
お見合いの本来の目的は、自分の過去を知ってもらったり受け入れてもらう場ではなくって、

元仲人

たわいない話をしてお互いの会話のキャッチボールきちんとできるかなとか、フィーリングが合うかな波長が合うかなと、こういったことを確かめてもらう場になります。

間違ってもこういった、お互いにとってメリットのない話は絶対に避けていただきたいです。
もし、どうしてもこういったことを知っておいてもらいたいとあれば、正式にお付き合いが始まってからお互いの信頼関係が構築された後に女性にお話をされるのが良いかと思います。