なぜ「お見合い」は【1時間&飲み物だけ】なの?

元仲人

なぜお見合いで食事をしないのかという話をします。
ポイント
私は、お見合いの時間帯がお昼時であっても夕食だけであっても、飲み物のみに抑えてくださいねって会員様にお伝えしております。

お見合いで食事をせずに飲み物のみをお勧めしている理由は、主に三つあります。

一つ目は初対面の人との食事は気まずいからなんですね。

ポイント
先ほど初めて会って、初めましてと挨拶した者同士が食事をしながらお話しするって結構難易度が高いんですね。
それにものすごく気疲れしてしまいます。
また、食事となるとやはり一緒にいる時間が長くなりますよね
飲み物のみであればだいたい1時間程度を目安にお話しして頂きます。

食事の場合はその食事の量にもよるのですが、2時間程度かかります。
特に女性は少食な方や、食べるペースが遅い方であればこれ以上かかる方もいらっしゃいます。

注意
一緒にいる時間が長くなればなるほど良いお返事をもらえるかといえばそうではないです。
1時間ぐらいお話しして頂いて、もう少し話したかったなという気持ちになるぐらいでお別れする方がちょうど良いです。

二つ目、男性の出費がかさんでしまう

お見合いの時は基本的に男性が女性の飲み物代やお食事代を負担してくださいねということになっております。
食事となるとその分、男性の出費がかさんでしまいます。

ポイント
飲み物のみであれば、ホテルのカフェですと一人1000円ほどですので、計2000円です。
食事となれば、安い居酒屋に行くわけにもいきませんので、ランチタイムであればランチコース2500円ぐらいのものを2名で5000円かかってしまう。
その差額は3000円ですよね。

毎回毎回お見合いがあるたびに5000円男性が負担するとなると、お見合いだけでお金がかかってしまいますので、飲み物のみを推奨しております。

三つ目はダメだった時のダメージが大きくなってしまいます。

なぜかと言うと、飲み物のみであれば時間とお金を最小限に抑えることができるんですね。
2000円と1時間。これで最小限に抑えることが可能なんですが、お食事となった場合はお互いの時間を割くことになります。
また出費も5000円とかさんでしまいます。

最初のお見合いというのはお互いの相性が合うか合わないか。
これを見ていただくための時間になりますので、そこまでお金と時間かけなくてもなんとなくわかるものです。

元仲人

お見合いでは飲み物のみ、1時間程度で解散していただくようおすすめしております。