女性とメールをするときの五つの注意点

元仲人

本日は女性とメールをするときの五つの注意点という話をしていきます。

いくつか例題をお話しさせて頂きたいんですが

ポイント
この太郎くんは花子さんに一生懸命アピールをして気に入ってもらいたいと考えています。
そこで太郎くん花子さんにメールを送るんですね。
で太郎君は普段から絵文字を使いません顔文字も使わず句読点のみなんですね。
反対に花子さんは友達とメールをやり取りするときはカラフルな絵文字をたくさん使っています。

そんな花子さんに太郎君が顔文字絵文字なしのメールをポンと送るとこ
の花子さんどんな風に感じるかと言うと、
太郎くん会って話してみるとすごく優しいのにメールが何か冷たいはと冷たい印象を受けてしまいます。

そして太郎くん普段から敬語がたくさんで長文のメールを送るクセがあります。
って反対に花子さんは2~3用のシンプルな短文メールを友達とやり取りしています。

そんな花子さんにこの太郎君が長文メールを送ると花子さんどう感じるかと言うと、
太郎君から長文メールが届いた後
これ読むの大変なんだけど返信するのも2~3行だけだと悪いから
色々内容を考えて太郎君が送ってくれた同じ量ぐらいのメールを返さなきゃいけないと不安だわとか
なんか届くと嬉しいってよりかはまた来たぞ返信考えなきゃと気が重くなるんだよねと感じています。

ここで大切なのは、この太郎くん好意を寄せている花子さんが普段から絵文字使ってるんだろうなとか
最初は太郎君に合わせることなくおそらく2~3行のメールはポンポンと届いてたと思うので
その花子さんのメールのクセをしっかり見つけて、この花子さんと動作を合わせていくことが非常に効果的になるんですね。

元仲人

でここでゆう太郎くんが花子さんの動作に合わせるというものは、五つほどあるんです

まず一つ目は、相手が絵文字を使うんであれば自分も使うようにします。

花子さん絵文字使ってるんだなとわかりますので
その時には自分も花子さんに合わせて絵文字を使うようにします。

そうすることで花子さんは太郎君からのメールを冷たいと感じにくくなります。
これ以上に男性は、蛋白のメール送りがちですので
絵文字を一つ二つ入れていただくだけでも変わってきます。

二つ目は、メールの長さを相手に合わせることです

花子さんが普段から短文の短いメールを送りがちなんであれば
太郎くんも合わせると反対に花子さん6行とか10行ぐらいの長いメールをたくさん送ってくれる方であればそれに合わせるようにメールのなかさも相手に合わせることが大切になります。

続いて三つ目は、メールのクセも合わせることです

例えば花子さんが改行せずに全部つめてメールを打ってる方なのであれば
自分も改行せずに全部詰めて書くと
反対に花子さんが1行ずつ毎回改行綺麗にしているのであれば
自分も一行飛ばしでメールを打つとか
後はメールの文もまるで一区切りつけて改行しているのか
それとも20文字打ったら言葉の続きでも綺麗にまた改行してるのか
こういった相手のクセあると思います。

そういったものを見ようとするとに改行の部分も合わせて行く

そして四つ目は、口調を合わせていくということになります。

例えば花子さんが会っている時はタメ口で話してくれるのに
メールだと敬語になる人であれば
太郎くんもメールの時だけは敬語で花子さんに連絡をするとか

反対にメールでも砕けた感じカジュアルな口調なのであれば
それに合わせたメールを送りするとただ花子さんに合わせて普段めちゃくちゃカジュアルな言葉話してないのに急に元気とかどうしてるとかそういうんだほんとふざけたメールをいきなり送ってしまうと花子さんびっくりしてしまいます。

普段自分が使っている言葉の中で少しくだけたメールをお送りするということが適切かと感じます。

5つめは、書き出しも相手に合わせる

どういうことかというとこの花子さんが文頭に太郎さんおはようございます。
と必ずつけてくれるのであれば太郎君も、
花子さんこんにちはとかこんばんは
花子さんお仕事お疲れ様と
相手に文の初めの書き出しを合わせる
もし花子さんが名前を入れずに
おはようとかこんばんはとか挨拶文のみであれば
挨拶文のみで合わせるって
挨拶なしで急に本題に入る人なので あれば
ういったものがなく急に今日はこんなことがあってねと本題に入る人もいます。

それも相手に全て合わせてみると
そういった相手のメールのクセを逐一あわせる
これを開いてと動作を合わせるということになるんですが
そうしておけば、この花子さんが太郎君からメールを受け取っても違和感を感じないんですね。
自然と太郎君からのメールを受け入れることができます。

なぜなら普段の自分のメールに非常に近いメールを送ってくれるので
受け取った瞬間にうわとかって思うことが少なくなるんですね。

ですからもしあなたも気になる女性にアプローチをメールでしたいなと考えるのであれば

元仲人

相手のメールのクセを見つけていただいてそれに合わせたメール送っていただければ今までより 仲良くなってくるんじゃないかなと感じます。