結婚相談所ではメリットを「さりげなく伝えよう!」

元仲人

結婚では、メリットを相手に伝えた人が勝者となります。
では、そのメリットとはなんなのか?
具体的に解説します。
注意
今回はわかりやすく男性の立場でお伝えします。
しかし、女性でも同じことがいえるので参考に。

1:現状で「あなた」が満たされていることを伝える

元仲人

例えば「仕事が楽しい」と女性に伝えることで「結婚後の経済的な安定を提供できますよ」と暗に伝えることができます。
ポイント
楽しいというイメージからは
・仕事を続けてくれそう
・出世しそう
というイメージがもてます。
注意
反対に、「仕事が楽しくない」というネガティブ思考を伝えてしまうと
・仕事をやめるかも
・出世しない
というイメージを与えるので注意してください。

2:「○○好き!」をアピール

元仲人

女性と趣味が同じことをアピールしましょう!
例えば
・お出かけが好き
・テーマパークが好き

とプロフィールに書いている女性にはですね、僕もテーマパーク好きなんですよねと伝えたり、
・甘いものがすごく好きなんですとケーキとかも食べると幸せを感じます。
・動物も好きです
とこのようなことをお伝えすると女性に対して喜んでもらえます。

元仲人

なぜ喜んでもらえるかと言うと
お付き合い始めた結婚した後にですね共通の趣味何好きなものが似ているということですよね
ポイント
・テーマパーク好きな男性であれは嫌がることなくデートに連れてってくれる
・甘いもの好きであれば一緒にカフェに入ってケーキセットを頼んでシェアすることができる
・動物好きな男性であれば結婚後犬や猫を飼う夢が膨らむ
女性がプロフィールに言ったことをあなたにも当てはまることで、女性が喜んでくれます。

3:女性にとってのメリット伝える

例えば
・実家暮らしで貯金がある
・料理を作れる
・これから昇格する出世することがありそう
・僕は次男だから結婚は同居はない
ということをさりげなくアプローチをするそうすることで女性にとってもメリットになります。

元仲人

この3つを女性に伝えることで女性はこの男性と結婚したらワクワクするような未来が待ってそうだな!
とかなんか楽しそうだな!とこのように想像させることができれば高い確率で選んでもらいやすいということになります。

女性への伝え方に注意してください!

注意
例えばですね
男性が先ほどの三つの事をお見合いなりデートで
意気揚々と自分のいいところをガンガン女性にアプローチしてしまったとします。

そうすると女性はその場では「へーすごいね」と言ってくれるんですが内心では、
「もう男の人の自慢話なんて聞き飽きたよ」
「もうこの作り笑顔をするのも大変だし」ということで呆れちゃうんですね

元仲人

ダイレクトに言っちゃうとただの自慢話としか女性を受け取ってくれないんです
だからこの伝え方ということが非常に大切になります。

上手な伝え方は質問にあり!

元仲人

まず基本は自分がアピールしたいことを先に女性に質問してあげるんです
ポイント
例えば
男性が女性に「休日何してる?」とお見合いなりデートの時に聞きます。
すると女性は「テレビ見たりとか音楽聴いたりしてます。○○さんはどうですか?」と同じ質問してくれるケースが多いと思うんです

ここでですねすかさずアプローチしたいことを伝えていくと「家でゆっくりする事っていいよねって僕もテレビ見たり音楽聴いたりするのすごい好きだよ」という感じで、上手に自分のメリットを伝えることができるようになります。

ポイント
このようにすると、女性は男性から自慢されてるという風に受けなくなります。
自分が聞いてそれに対する質問を返してくれているということなので違和感なくこの男性の良い部分を受け入れることが可能になります。

元仲人

ぜひこのテクニックを使って婚活を有利にすすめてくださいね!