結婚相談所・結婚情報サービスの違い

ポイント
今回は失敗しない結婚相談所の選び方という話をしていきます。
結婚相談所と一言に言っても実は2種類あるんですね。
でこの2種類の違いは知らないまま結婚相談所を選んでしまいますと後悔する原因になってしまいます。

元仲人

なので、今回この2種類何がどう違うかという話をしていきたいと思います。

まず一つ目は結婚情報サービスと呼ばれるもの

大手と言われるところがほとんどこちらに当てはまるんですが
CM ですとかネット広告で見かける有名なもの
そのほとんどは結婚情報サービスと呼ばれているところになります。

ポイント

お相手の情報ですからスタッフのメインの仕事は営業、営業第一になります。
毎月何人入会を目標にしようと
ノルマが課せられるところもあって、
スタッフの方は会員様のサポートではなくて
いかに独身の方を入会させるか本当に営業第一の仕事になります。

ですから結婚情報サービスに入った方は、
自力で結婚を目指さなければいけない、
でその代わりスタッフの私たちは新しい異性をどんどんどんどん入会させるので、
入会したあなたは一人で婚活を頑張って成功目指してくださいねと簡単に言ったらこういったものになるんですね。

ですから入会ご会員様とスタッフは密に連絡を取り合うということはあまりないんですね。

元仲人

私たちがこういった人たちをどんどんどんどん集めているから
あなたは一人でそういった人にアプローチをして結婚まで結びつけてくださいねとこういったものになります。

二つ目が結婚相談所というもの、

これも名前の通り結婚の相談ができるところ
会員様に提供するものは成婚です
担当者(仲人)のメインの仕事は会員様のサポートになるんですね。
まこれだけお伝えすると会員数がすごく少ないんじゃないか
デメリットなのではないかと不安になる方もいるんですがご安心いただければと思います。

ポイント
結婚相談所って主に個人が経営しているところが多いんですけれども
やっぱり一つの相談者が何百人も何とかいるわけではないなので、
こいた小さい結婚相談所というのはこちらの1万の結婚情報サービスに加盟したり連盟になっているんですね。
ですから会員様情報を共有することができます。

そしてシステム同じように使うことができるので、結婚相談所小さいからと言って

元仲人

会員数がすごく少ないとはなくこちらの大手と言われているところとほぼ変わらない会員数を誇ることができるんですね。
なぜならここの大きい所に加盟をしているため会員様情報共有しましょうねという約束を結んでいます。
ですから小さい結婚相談所であっても大手と変わらない会員数を確保することができます。
注意
結婚相談所の担当者(仲人)の主な仕事は、
結婚情報サービスのスタッフが集めてくれた会員様情報を共有させてもらって
会員様を自分の会員様に紹介することができる、
この人素敵な人だから自分の会員様に紹介しようと紹介しますって
会員様がこの人がお申し込みしたいですとなった場合は
担当者(仲人)から間接的に申し込むと

この人ダメだったと思ったら次の人また自分の会員様にご紹介するから
結婚相談所の担当者(仲人)は入会ご自分の会員様とかなり密に連絡を取り合ってサポートしていきます。

なので、小さい結婚相談所の担当者(仲人)は自分の会員様をサポートすることに徹することができるんですね。
ですからかなり手厚いサポートが可能になります。

成婚料は発生するんですが

注意
最初の入会金はかなり安く抑えられているところがほとんどです
なので、もしあなたも入会する際
安く料金を抑えてなおかつしっかりサポートをしてほしいとあれば
入会後の結婚の相談ができる場所これが結婚相談所になります。
こちら結婚情報サービスは結婚できる情報を提供しますよというものになります。

元仲人

なので、この二つの明確な違いというものを頭に入れていただいて選んでいただければと思います。