35歳の女が「婚活で気をつけなきゃいけない」ことは?

元仲人

35歳の女性というのは、ちょうど中間です。
若い20代と、中年女性40代になる手前ということで、気をつけないと泥沼婚活に陥ります。
では、そんな35歳の女が「婚活で気をつけなきゃいけない」ことについてお話します。

1:条件が多すぎ&高すぎる

例えば、
・自分自身の年収が250万円にもかかわらず、相手の男性には年収700万円以上
・大卒
・身長175 CM 以上
・大企業勤め
・結婚後は男性の家族との同居は無理
・ギャンブルタバコをしていない、
・姉さん女房OK

元仲人

非常に、条件が「多くてのぞみが高い」ですよね。
このような女性は、いつまでたっても結婚できません。

反対に結婚できるような女性は、気持ちを変えた人

元仲人

ただ実際にお見合い申し込みして婚活をやっていくと、現実に直面するわけなんです。
厳しい現実に直面すると「私はなんて高望みをしていたんだろう」ということで考えを改める人です。
ポイント
・年収400万円以上だったらいい
・大卒じゃなくても高卒でいい
このように、条件を妥協していけば、すぐに結婚できます。

35歳女性の婚活における実態とは

元仲人

女性も、35歳ともなれば、人生経験が豊かになってきてってそのぶん今までいろんな男性を見てきたのでこういった条件多くなるのはもう仕方ないと思います。
人生経験豊富な女性ほど、過去の男性を振り返って、「こういう人は結婚したら苦労しそうだから無理よね」とかそういった条件が当てはまってしまうと思うんです。

逆に20代の女性のほうが、高望みしない!

元仲人

逆に20代の女性は35歳の女性よりか人生経験少ないので、「年収が高くなくても生活できるぐらいあったら300万円とか350万円でも十分だよね」とか「身長175cmなんかなくても私より高ければいいですよ
とか、人生経験が少ない分、条件も高望みしません。
するとお見合いも決まりやすくなって結果、結婚もしやすくなります。

で、20代女性は早々に御成婚退会されていくんですね。
条件が多かったりとか高すぎると結婚なんてそもそもできませんし、人気のある男性は35歳の女性なんてそもそも選びませんからね。

2:お見合いのドタキャンをしない!

元仲人

女性は婚活において本当にドタキャンしすぎだと思います。

ドタキャンをした理由のなかでも、都合がつかずに仕方なくドタキャンしてしまったなということで罪悪感を感じている女性であればまだ救いようあると思います。

注意
しかし、毎回男性と会う 約束するのに直前になって嫌になったからということで逃げ出してしまってドタキャンする女性がいます。
この誠実さのかけらもないような女性っていうのは、やはり巡り巡って最後は自分自身でそれが帰ってくると思うのでもこういった女性は間違いなく、婚活は成功しないと思います。
ポイント
せっかく約束して男性がお店の予約をしてくれた時間を空けておいてくれたのに自分の都合だけでドタキャンしてしまうような女性って言うなそもそも男性からも選ばれないという女性になります。

3:昔モテていたために「痛い勘違い」をする

昔モテていたから今もモテていると勘違いしてる女性は気をつけないといけません。
確かに同年代女性に比べれば美人だと思うんですがやり若い女性には勝てないですよね
というもの肌のハリだったり若々しさなど、そういった物ってやはり若い女性には到底かなわないと思います。

勘違いをする結果、、、

昔モテていたから 今でも私は十分いけると思ってるということで自分と同い年の男性を狙ったりとかはたまた年下の男性に狙いを定めて年下男性ばっかり、お見合い申し込みしてしまう女性いらっしゃいます。
男性の立場からすると、同年代よりかは年下の女性を選びます。

注意
だから男性の立場に立ってみてみたら、昔綺麗だったモテたからといって35歳の女性が同い年の人気の男性とお見合いが組めるかって言ったら非常に厳しいという結論に至ります。

その点若い女性は、、、

その点、25歳など若い女性というのはの美貌がなくても若さが武器になるので、35歳の人気男性を十分に狙えると思います。