白髪染めは応急処置も合わせることで回数を減らせます

【体験談】白髪
読書の秋

40歳も半ばになり、最近はよく「年とったなぁ」なんて感じることが増えてきました。
特にそう感じることのひとつに白髪があります。白髪が目立つと、とても老けて見えてしまうので、女性の悩みのタネでもありますよね。
私も例にもれず、いつもその白髪をなんとかしたいと悩んでいるひとりです。

私が白髪に気付いたのは40歳になってから、割りと最近のことです。
最初に気付いた時というのは、やっぱり相当なショックがありますね。
ついに白髪を気にする年齢になってしまったのか~というショックです。
でもそんな最初のショックなんてかわいいもので、その後もっと哀しいことがあります。

それは、その白髪を目立たなくするために白髪染めで染めたとしても、少しづつ目立ってくるということです。
その目立ち方は染めた数日は大丈夫、その後1週間、2週間と経過するにつれ、根元から白髪が目立ってくるのです。
だから、結局染めても染めても、ほとんどいつも白髪が気になってしまうのです。まぁ、気にしすぎなのかもしれませんが、ついつい目がいってしまうのです。

そうして、いつも白髪染めをしていると、ただでさえちょっと細くなっている髪の毛がすごく傷みます。染めるたびにどんどん髪が弱々しく、パサパサになっていくように感じます。
だけど、やっぱり白髪があると老けて見えるのがいやで、染めないわけにもいきません。白髪を染めても、今度は髪の艶もハリもなくなってきて、それはそれで老けた印象になってしまいます。

美容院で染めればいくらか髪の毛にもいいかなと思いましたが、しかし、頻回に美容院にいくのも大変です。
2か月に3回ペース位になるので、行くのも面倒、何よりお金がかかります。

こんなことを繰り返していましたが、できるだけ髪を傷めず、かつお財布にも優しい方法はないものかといろいろ方法を考えました。そんな時に見つけたのが、タッチペンタイプの利尻の白髪隠しです。
これなら、生え際の自分で手の届くところだけでもサッと簡単に塗れそうだと思って早速購入しました。

実際使ってみたら、先が筆のようになっていて、そこで撫でるようにすると白髪を隠すことができて便利です。
しかも少しづつその白髪を染めることができるのです。
無添加で髪にも優しいと書いてあります。
生え際などちょっと気になったくらいであれば、これでしばらく対応できるので、染める回数も減りました。
出かける時に、サッと応急処置的に使えるのも気に入っています。
急ぐ時はドライヤーで乾かすこともできます。

デメリットとしては、塗ってそのままなので、雨や汗などの水分で色落ちするのが困りもの。
あと、ノック式で染料が出て来るのですが、これがちょっと偏りがあって、ムラがあるため、ダイレクトに塗るのはちょっと難しいです。私は小皿で調節してから塗っています。

そんなデメリットはあるのですが、それでもちょっとの白髪をサッと隠したいという時にはとても便利で重宝します。なにより白髪染めの回数を減らせるのが私にとっては最大のメリットです。
もっともっとこういった便利な白髪対策の良い商品が出てくれるといいな、と思っています。

【おすすめ関連記事】

白髪染め 市販の種類と自宅で染める時の選び方、ここに注目!

白髪染めは美容室?それとも自分で?違いはあるの?

白髪に効く食べ物、サプリにはどんな効果があるの?

ヘアカラーやヘアマニキュアの違い、あなたの白髪にいいのは?