頭皮の油、女だって悩んでる!皮脂の改善とシャンプー選びどうしたらいい?

ヘアケア・お手入れ

男性だけでなく、女性だって頭皮の油や皮脂に悩むことってありますよね。
頭皮は性別に関係なく、皮脂腺が多く、あのテカテカになりやすい鼻の頭よりさらに2倍もテカリやすい部分なんです。もうゾッとしっちゃいますよね。皮脂が多くなると臭いだって気になるし、抜け毛が多い人の頭皮は皮脂が多いって聞いたことあるし。

こちらでは、そんな困った頭皮のベタつきについて、皮脂の本来の役割、その皮脂をどうしたらいいのか、そしてベタつきの改善方法、シャンプー選び、その他の対策についてご紹介します。

頭皮の皮脂とは?

頭皮の皮脂を改善しようとする前に、まず頭皮ってどんな役割なのか知りたくないですか?
大事なことは、「皮脂はワルモノではない」ということです。
皮脂が分泌されると、頭皮にある常在菌や水分等と結びついて、「皮脂膜」を形成します。
この皮脂膜は、皮膚を外敵から守ってくれる役割をします。
肌から分泌された皮脂は弱酸性で、皮脂膜として殺菌作用があり空気中に漂う有害物質などからお肌を守ってくれているんです。

実は皮脂は私達には欠かせないものなんですね。

頭皮の皮脂の改善方法とは?

こういった皮脂の役割をよく把握しないで、「頭皮の皮脂が悪さをしているからとにかく除去しよう!」とすると、皮脂は「もっと多く出さないと間に合わない、肌を守れない!」とばかりに盛んに分泌されるようになります。

過剰に分泌された皮脂は、また別の遊離脂肪酸に分解されるなどして、こちらは皮膚へマイナスに働いてしまいます。
さらに常在菌もそうした余分な皮脂をエサとして過剰に増えてしまい、それも皮膚の炎症などにつながるマイナス要素となります。

過剰に皮脂を除去してもダメ、適度に皮脂をコントロールすることが改善への近道となるのです。
ですが、女性の場合はどうしても皮脂といえば不潔とか良くないイメージを持っていますよね。
それで皮脂を落とすとなると、ゴシゴシと憎き敵を撃退するかのごとく対策をしてしまい、結果として裏目に出てしまうケースが多いのです。

頭皮の皮脂を改善したければ、余分な皮脂を落とし、適度な皮脂はキープできる環境にしなければなりません。

頭皮の脂とシャンプー

頭皮の皮脂を落としたければ、やはりシャンプーが必要です。
突然ですが、食器用の洗剤を思い浮かべて下さい。
あなたのお台所にも必ずありますよね。

よく見かけるテレビのCM、脂でベトベトのお弁当箱などにその洗剤をつけたスポンジでひとこすり、するとスルンと油汚れが落ちて感動!なんていうのがありますよね。

相手がお弁当箱ならそれほど問題はないのですが、こういった洗剤は、それを使う手にも影響を与えますよね。
あなたの手はいかがですか?
そんな風に油汚れに強力なパワーをもつ洗剤で食器を洗っていると、同時に手の油分もどんどんと奪われて、手の皮膚を守るバリアもなくなり、やがてひどい手荒れにつながります。指先のパックリ割れなんてことにもなり、最近ではこうした手荒れのヒビをケアする塗り薬なんかも多く売られています。

台所洗剤は主に食器を洗うものですが、私達が洗いたいのは頭皮や髪の毛です。やはり適度な皮脂を残してくれるものでないと困るわけです。
なんとなく皮脂を落としきれていないと考えただけでスッキリしないというご意見も聞こえてきそうですが、台所洗剤のように皮脂を落としすぎると、あっという間に肌は荒れ果ててしまうのです。

台所仕事のあとはハンドクリームをせっせと塗りますよね。
やはり皮膚には油分が必要なんです。
だからこそ、適度に皮脂を落としてくれる優しい成分で作られたシャンプーを選ぶということも大切なんですね。

頭皮の皮脂と乾燥

頭皮の皮脂が気になって、シャンプーをあれこれ変えてみて、最終的に男性用の皮脂を強力に落とすタイプのものを試したという女性も少なくありません。
こうした脱脂力の強いシャンプーを使うとどうなるかと言えば、皮膚が「やばい!頭皮が乾燥してる!」と皮脂を大量に分泌するようになるのです。

頭皮の皮脂を過剰に除去しようとして失敗するパターンですね。実は男性でも、頭皮のベタつきを気にしてそういった強いシャンプーで染髪を続けて逆にもっと油っぽくなり、結局あれこれ試して女性用の優しいシャンプーに変えて皮脂量が改善したという方も結構いるのです。

頭皮の皮脂と乾燥、とてもバランスを取るのが難しいのですが、やはりここはシャンプー選びがかなり重要な要素となっているのがわかりますね。

頭皮の皮脂と保湿

頭皮の健康を維持したければ、頭皮の皮脂と水分のバランスも大切です。
皮脂膜を作るためには水分も必要です。
お肌と同じで、やはり健康な肌は潤いも大切なんです。
乾燥したお肌にいきなりオイルや乳液を塗っても良くないのと同じです。

年齢とともに、少しずつお肌の環境が変わってくるのは仕方がないのですが、それ相応に水分や油分のバランスを保つよう努力しないと、お肌の状況はどんどんと悪化してしまいます。
お肌ばかりに目がいきがちですが、お顔とひとつながりの頭皮だってやっぱり同じです。

【加齢により減少する保湿成分】

・セラミド
・コラーゲン
・ヒアルロン酸
・アミノ酸

こうした天然の保湿成分で水分量が20%前後に保たれているのが理想的なのです。
年齢なりの水分や油分をキープしようと思ったら、足りないものを補ってあげるケアも必要なんですね。

>>>すこやか地肌の口コミ、頭皮のかゆみに2ヶ月使ってみた結果得られたものは?

頭皮の保湿ケア

年をとってもキレイでいたいというのは女性なら誰しも願うことですが、残酷にもさきほどの保湿成分のように不足するものが多くなってきますね。

だから30代、40代を超えるあたりから、頭皮の悩みを抱える女性が急増するんです。
それまで全く問題のなかった頭皮がある時から乾燥したり、かゆみ、フケが出てくるようになったという話を周りのあちこちから聞くようになります。

頭皮のケアを怠っていると、そんなトラブルになり、やがて薄毛なんかの心配にもつながってくるんですね。
頭皮の保湿ケアって、思っている以上に大事なんです。

保湿ケアのためにも、やはり刺激の強すぎる、皮脂を落としすぎるようなシャンプーはよくありません。
お肌をゴシゴシこすると肌が荒れるのは頭皮も同じです。
水分を保つためには、肌状態も良くなくてはなりません。
カサカサ肌というのはお肌の表面がボロボロになっていますよね。ボロボロになった肌表面からは水分がどんどん蒸発してしまいます。

ですが、頭皮は髪の毛もある環境で、なんでもいいのかといえばそうでもありません。
私は実際に保湿対策としてあれこれやってみましたが、頭皮に適したものって意外とないんです。
頭皮はいいけど髪がベタっとしてしまったり、髪には影響ないけど、乾燥も改善されなかったり、なんてことも。

個々に頭皮の状態が違うのでヘアケアも合う合わないがありますが、やはり刺激が少なく、適度な皮脂を残してくれる、肌に優しいシャンプーでお手入れをして、水分が保たれるような肌状態に持っていくことも大切です。
頭皮の乾燥はそれだけでなく油っぽくなる原因にもなり得るということを覚えておきましょう。
頭皮用の保湿液などもありますので上手にケアして潤いある頭皮を保ちたいですね。

>>>すこやか地肌の口コミ、頭皮のかゆみに2ヶ月使ってみた結果得られたものは?

まとめ

頭皮の皮脂にもちゃんと役割があり、潤いのある健康な頭皮のためには必要なものです。
ですから洗い過ぎはマイナスになることを覚えておきましょう。

水分と油分がバランス良く保たれていると、頭皮の状態も良くなり、乾燥や油っぽい頭皮を改善することができます。
逆に言えば、トラブルがある頭皮というのは、頭皮のバランス環境が崩れているということ。

あなたの頭皮は今どんな状態ですか?
洗いすぎていませんか?皮脂を落としすぎるような、刺激の強いシャンプーを使い続けていませんか?
それはひどい手荒れの方が強い台所洗剤を素手で使い続けるようなものです。

頭皮の皮脂量を改善したいと思ったら、一度考え方を改めて優しいシャンプーにしてみてはいかがでしょうか?
皮脂は敵ではありません。過剰に分泌されるとマイナス要素になるのは間違いありませんが、皮脂膜となり頭皮を守ってくれるのは皮脂なんです。

皮脂膜がなければ、健康な頭皮も維持できません。
頭皮を潤してくれる水分だってどんどん蒸発してしまいます。
これではトラブルが出てもおかしくない状態です。
頭皮の健康、もっと考えてみませんか?

【おすすめ関連記事】

>>>頭皮が油っぽい女性は何が原因?あとあとここが心配

頭皮が油っぽい女性は何が原因?あとあとここが心配
みお 頭皮が油っぽくて、なんだか オヤジっぽい油臭がしてるかも。 りこ それは大変!原因を考えて対策しなくっちゃ! 自分で気づけばまだいいけれど、もし周りか...