頭皮の悩みの末たどり着いたのは女性用のシャンプーでした、男ですけどね

【体験談】ヘアケア

私は20代の若い頃からコシのない猫っ毛で、頭頂部は毛が薄く、つむじの中心から直径5センチほども地肌が目立つ状態でした。
男性にはたまにあることですが、やはり20代からというとその当事者としてはつねに頭頂部のことで悩み、その深刻度もかなりのものでした。

髪の毛が細くて弱った状態で、かつ薄毛があるので、単に染髪だけでなく、その下にある地肌のケアもまた大変デリケートで難しい問題となってきます。
20代の頃から育毛にはかなり力を注いできました。
もっとも身近に考えられる対策として、シャンプーや育毛剤のチョイスがあったのですが、その頃は単に有効成分が効果的で強くさえあれば髪や頭皮に良いと単純に思い込んでいました。
ところが、結果はというと、それらの成分でかえって頭皮を荒らしてしまうパターンが多かったのです。

私が数々試してきたシャンプーや育毛剤は、どれも現在では地肌に悪いとされている界面活性剤やメントール成分が多く含まれていることを後々知ることになります。
使い始めはかなりの爽快感があってなんとなくいいような気がしていたのですが、利用を重ねる度にそれが頭皮のヒリヒリ感や痒みとなって現れる様になってしまい、その後一体何を選んでよいのか分からない状態になってしまったのです。

特にシャンプーの問題は深刻。本来なら頭皮や頭髪を綺麗に洗い上げ痒みやフケを防いでくれる筈の存在が、返って入念に利用する度に強い痒みや肌荒れを引き起こし、時には入浴直後に頭を掻き毟らないと痒みが収まらないということもありました。
その頃は天然成分や刺激物無添加といった頭皮に優しい成分のシャンプーやコンディショナーなどというのはあまり出回っておらず、近隣にある小規模なホームセンターを購入の場としている私には全く無縁な存在だったのです。

ですが10年ほど前から近隣にも大規模なドラッグストアが増え、またインターネットでの通販もグンと身近になって、ヘアケアに関する商品についての知識も、購入できるシャンプーの種類も随分と拡大しました。
私が望む様な頭皮に優しい成分のシャンプーやコンディショナー、育毛剤を自由に選べる様になったのです。
それらの中から頭皮に合いそうな製品を幾つか試してみた結果、最終的にチョイスする事となったのは意外にも女性向けの天然アミノ酸系成分のシャンプーとコンディショナーでした。

男性用は得てして爽快成分や皮脂を落とすための成分などが強過ぎて、私の頭皮状態に合わない原因となっていたのですが、無理して男性用をチョイスせず、あえて優しい女性用から選ぶ事で改善に向かったのです。
幾つかの天然ハーブや柑橘系オイル、オリーブオイル等を含んだシャンプーやコンディショナーは頭皮の荒れや乾燥を防ぐ役目を果たしてくれ、洗い上がりのパサ付き感や乾燥後のカサカサ感も目に見えて減りました。

長年使っていた刺激の強いシャンプーによりすっかり敏感肌になってしまっていて、ほんとうにシャンプー選びにも苦労していたのですが、強い痒みや乾燥もそれによりだいぶ収まり、就寝前の洗髪でも痒みを気にせず快適な睡眠が取れる様になったのです。
もう一つ、肝心な髪質改善と育毛効果については育毛剤との兼ね合いもありまだまだと感じていますが、ひとまずシャンプーを変えることで最悪な頭皮状態は脱した事は確かです。

私を含め、男性は男性向けのシャンプーを、と決めつけている方が大多数だと思いますが、必ずしも男性の頭皮に合っているものが男性用とは限らないと私は思います。
長年シャンプー選びに悩んできた私にとって、女性向けのものであってもそれが救いになりました。

頭皮を優しく洗うということが結果として私の寂しい頭頂部をいたわりながら頭皮の環境も良くしてくれるとは、意外な展開でした。頭皮は女性用男性用という前に、頭皮の状態にあった洗浄成分か、間違ったものを使っていなか、をきちんと見極める知識も必要だと思います。

【おすすめ関連記事】

すこやか地肌の口コミ、頭皮のかゆみに2ヶ月使ってみた結果得られたものは?

シャンプーが頭皮のかゆみやフケの原因?お手入れ方法は?

頭皮の保湿、乾燥の原因と対策は?ほったらかしは危険!