40代の頭皮、シャンプー選び あなたのかゆみ、乾燥の原因はここにあり

頭皮トラブル

女性も40代にもなると、頭皮に直接つけるシャンプーをしっかりと選ばないと、頭皮環境や髪の状態をキープするのも難しくなってきます。

なぜか最近「頭皮がかゆい」など、頭皮のお悩みはありませんか?
今使っているシャンプーだって、長年変わらず使っているものだし、でも気がつくと頭がかゆくてポリポリなんていう症状が出てくるのが40代の頭皮。

こちらではそんなお悩みを持つ40代女性の頭皮とシャンプー選びについて、また、40代女性特有の頭皮の変化、対策なども合わせてご紹介します。

40代の頭皮、シャンプー選びはどうする?

40代の女性の頭皮はある意味大きな急カーブを曲がる曲がり角とでも言いましょうか。
それまでのケアでは「洗いすぎ」「刺激が強すぎ」ということになる状態にあります。
そのため、これまで使っていたシャンプーも合わなくなってくるということが十分に考えられます。

「え?やっぱり老化現象なの?」なんて、ため息がでちゃいますよね。
でも女性なら誰しも経験するのがこの40代の急激な変化です。
(その理由については後述しますね)

これまで市販のシャンプーで毎日シャンプーしてきたけど、頭皮がかゆくなったり、頭皮の臭いが気になるようになったり、なんかおかしいなぁと感じていたら、シャンプーを変えてみませんか。

もちろん頭皮が赤くなったり炎症を起こすなどの異常があるならば、皮膚科で診てもらうのが先決ですが、そこまででなく、軽度のかゆみや臭いが気になるということであれば、まずシャンプー選びを考えてみましょう。

というのも、その変化の原因は、おそらくお肌の状態が変わっていることにあるからです。
そうなんです。やはり年齢とともにお肌の環境は変わるもの。あなたも実感しているのではないでしょうか。
お肌が変わったのに、若い頃と同じものを使っていたらコンディションが悪くなるのも当たり前ですよね。

特に40代の女性のお肌はデリケートです。
お肌に優しい、低刺激のシャンプーを選んであげることが大切です。一般的な市販のシャンプーというのは、頭皮の脂を落とす力が強いものが多く出回っています。
年齢とともに皮脂の分泌量も変わってきますので、それに合わせて見直したいですね。

40代女性の頭皮に必要な洗浄成分は?

シャンプーは洗浄剤です。頭を洗うというためのもの。
その洗浄剤にも様々な種類がありますよね。
例えば刺激が強い代表的な洗浄成分として「ラウリル硫酸ナトリウム」とか「ラウレス硫酸ナトリウム」といったものがあげられます。これはドラッグストアなどで手軽に手に入るシャンプーに多く含まれている成分です。
あなたのお手元にあるシャンプーはいかがでしょうか?

「ラウリル硫酸ナトリウム」というのは、皮膚への刺激が強く、あまり使われていません。ごく少数ですが市販品でよく知られているようなシャンプーにも主成分として使われているものがあります。
「ラウレス硫酸ナトリウム」はラウリル硫酸ナトリウムよりは皮膚に浸透しにくい成分となっていて比較的刺激が少ないと言われています。市販品のシャンプーにはほとんどこの成分が使われています。

ですが、これら成分は油を強力に落とす洗浄力を持っています。微量でもとても泡立ちが良くクリーミーな泡になる洗浄成分です。

そのため、40代でお肌の乾燥やかゆみトラブルなどが気になる女性が毎日使うものとしては皮脂を落としすぎてしまう可能性があるのです。
今のあなたの頭皮に、そこまで強い洗浄力は必要でしょうか。
だから、いつのまにか頭皮の乾燥が進んで、かゆみが出たり、頭皮状態が悪化して、臭いを発するようになってしまうのです。

また、一見お肌に良さそうな石鹸シャンプーというのがあります。でもこちらも油汚れを落とす力が強かったり、髪の毛をアルカリに傾ける性質もあり、頭皮が乾燥したり、髪のツヤがない、というような状態にはおすすめできません。

水分や油分が不足したような頭皮には、やはり頭皮をいたわるように優しく洗ってくれるシャンプーが必要です。
アミノ酸系やベタイン系などの優しい洗浄力のシャンプーを選ぶようにするとよいでしょう。

例えば

◎ココイル◯◯
◎ココアンホ◯◯
◎コカミドプロピルベタイン

などの洗浄成分が主成分となっているシャンプーです。
配合量や内容によっては油っぽいベタベタの方には向かないシャンプーですが、お肌に必要な皮脂は残しつつ、汚れや余分は皮脂は洗浄してくれるので、頭皮や髪の状態も変わってきます。

こうした優しい成分を使っていても、主成分には洗浄力の強いものと組み合わせているシャンプーもあります。
全成分の最初から2番め3番めくらいまでに書かれている成分が配合量が多く含まれる主成分ですので、それを参考に選びましょう。

40代女性の頭皮の変化

40代になると、お肌の乾燥に悩まされる女性が増えてきます。
こちらではその理由について解説します。
頭皮も同じで、段々にお肌の潤い成分であるヒアルロン酸やコラーゲンなどが減少してくることも原因のひとつ。
若い頃は皮脂の分泌も盛んで、むしろ油っぽくなることに悩んでいたことのほうが多かったのに、年齢とともにそうした悩みもちょっとずつ変わってきたのではないでしょうか。

ですが、最大の要因として考えられるのは女性ホルモン
女性は40代になると、閉経に向けて女性ホルモンの分泌量も減っていきます。
女性ホルモンには「プロゲステロン」という妊娠、出産に関わる黄体ホルモンと、もうひとつ「エストロゲン」という卵胞ホルモンの2種類があります。

このエストロゲンというのは

・肌の潤い
・肌のハリ
・髪のツヤ
・美しいボディライン

こういった女性の美しさを保つ役割を持っています。
男性のようなハゲかたをしないのも、女性ホルモンのおかげ。
私達女性は、実は意外なところでいつも女性ホルモンに守られていたんですね。

ところが、このエストロゲン、個人差はありますが、特に、40代前半から40代後半にかけて、急な下り坂を転げ落ちるように、その減少傾向も顕著となります。
この急な坂道、実は人生最大の下り坂なんです。
あのスキーのジャンプ台からの急降下くらい、でしょうか。
この「エストロゲン」の急激な減少によって、40代の女性は様々な身体の変化を感じるようになります。

・肌の乾燥
・肌のたるみ
・髪にツヤがなくなった
・髪がうねる
・痩せにくい
・疲れやすい
・やる気がない

こういった変化、あなたはいくつ当てはまりますか?

40代女性の乾燥対策が重要なわけ

40代女性にお肌や頭皮の乾燥で悩む方が急増する理由、なんとなくわかっていただけましたでしょうか?
なんだか最近この美容液、成分が薄くなったんじゃない?なんて思っていたら、実は変わったのは自分の肌の方だった、ということはありませんか?

お肌の状態が変わったのに、いつまでもこれまでと同じケアを続けているのはお肌にも頭皮にも良くなかったり、それだけでは不足してしまったりということになってきます。

失ったものがあれば、それを補うケアも必要だということ。
40代でお肌の変化を感じてきたら、今使用しているケアが、今の自分のお肌状態に合っているか再確認することが必要ですね。

頭皮もお肌も水分と油分のバランスが取れていないとコンディションが悪化してしまいます。
水分が不足すると乾燥したり油っぽくなったりします。
油分が不足しても水分が蒸発して乾燥することになります。
いずれもお肌のバリア機能が低下してしまうので外側から適度にプラスしていかなくてはなりません。

私が頭皮の保湿に使った美容液
すこやか地肌の体験レポート

40代で顔がたるんできた、というのは、お肌だけの問題ではありません。
頭皮がたるむと顔のたるみに直結します。
頭皮を持ち上げると、お顔も上がりますよね。
頭皮の状態を良くすることは、お顔にとってもプラスになるんです。あまり意識したことがなければ、これはちょっとお手入れする価値あり、ですよね。

人間は約7割が水分だと言われていますが、赤ちゃんなら90%、子供が70%、成人で60~65%、老人は50~55%だそうです。
やはり年齢とともに水分が少なくなっていくんですね。
乾燥を軽く見て放置していれば、鏡に写った自分の老け顔と対面するのもそう遅くない時期になるかもしれません。

まとめ

40代の女性は、女性ホルモンの急激な減少もあり、お肌だけでなく頭皮や髪の毛がこれまでとは違うという変化を感じることが多いもの。
そうした悩みがでてきたら、自分の体の変化を理解して、それまでのケアを見直すことが必要になってきます。
皮脂の分泌や代謝の変化があるのに、そのままのケアで大丈夫なのか?
変化に気付いたら、老化現象とがっかりする前に、それはまた美しくなるチャンスだと前向きに捉えていきたいですね。

私自身も40代後半になって、肌の乾燥、頭皮の乾燥やかゆみに悩まされるようになりました。
それまでしていたケアでは全然潤いが足りないのです。
驚いたのはリップクリームの効果でした。
それまで何年も使っていたリップクリームを塗るのですが、全然効果が実感できなくなったのです。
一日に何度塗り直しても唇がカサカサとなってしまいます。
回数を増やしてもダメだったので、これまでとは違う、潤い成分を重視したリップクリームを使うようになったらやっとカサカサが落ち着いたのです。それでもやはりマメにしないとカサカサになりやすいので、リップクリームを手放せなくなりました。

こうしたお肌の変化があちこちに現れるのが40代なんですね。
若い頃の自分にとっては「スペシャルだったケア」を「いつものケア」にしなくては間に合わないのだと実感しました。

お肌を過保護にすると良くないともいいますが、年齢肌にそんなことを言っている余裕はないみたいです。
年齢だと諦めるのは簡単ですが、やはり女性ですからいつまでもキレイでいたいですよね。
数年後の自分のためにも、お肌の年齢にあったケアをチョイスしたいですね。

【おすすめ関連記事】

>>>頭皮の悩みとシャンプー、あなたの選び方、頭皮を痛めつけていませんか?ほんとに良いのはどんなシャンプー?

頭皮のかゆみ!あなたに合ったシャンプー選び、見るべきポイントは?
みお 毎日シャンプーしてるのに頭皮がかゆい! りこ 頭皮のかゆみは悪循環になりやすいから、早めにケアしないと! 頭皮のかゆみがひどくて、ついつい人前でポリポ...