頭皮の臭いに気付いたのは40代、同時に加齢臭も襲ってきた!

【体験談】臭いトラブル

年に数回顔を合わせる10年来の友人二人は、私よりも5歳年上です。
女子会で会うたびに、彼女たちは30歳代にはなかった体の変調を話題にしていました。
その中でもショッキングだったのが、私が40歳になった時にきいた「最近、頭が臭い」という話でした。

どうやら毎日きちんと洗っても臭いらしいのです。
そこで私の脳内を横切ったのが、「加齢臭」という言葉でした。
お洒落で美容やコスメなどにも詳しく、いつも身ぎれいにしている彼女たちからそんな事をきくとは思っておらず、そんな彼女たちでも臭くなってしまうのだと衝撃だったのです。
いずれ私も、彼女たちが話している「最近、頭が臭くて~」なんていう状態になってしまうのだと自覚しました。

そしてついに42歳になったある夏の日に、私も自分の頭のニオイに気づいたのです。
夏になると汗をかきますが、私はどちらかといえば汗っかきな方なのでそれも原因なのではと思い、一週間程シャンプーを1日に2回にするなどしてみましたが、頭皮の臭いが改善される様子はありませんでした。

その頃はちょうど仕事も忙しく、自分の体調管理などに気を配る余裕がない頃でしたので、その頭のニオイを感じるまで全く自分の体の変化に気づいていませんでした。
頭のニオイに気づいてからは朝のラッシュは特に通勤電車の中で、背後の人にニオイがばれないか、会社で近くを通った人に「クサイ」と思われないか、気になって気になって仕方が無く、気持ちが落ち着きませんでした。

美容室へ数か月に一度行くのですが、カラーをする際に刺激を緩和する為に前夜はシャンプーをしないで行っていたのですが、美容師さんに臭いと思われているのではないかと思うと、落ち着きませんでした。
恐らくニオイに気づいたのでしょう、さりげなくヘッドスパ体験を良く勧められました。
それからというもの44歳になった現在まで、頭のニオイで悩んでいる状態です。

自分のニオイに悩み始めてから気づいたのですが、以前よりも頭皮の皮脂の量が増えた気がします。
頭皮だけではなく、体の一部もベタつきが気になる箇所が増えてきました。
私自身が着ていたキャミソールやTシャツなど、直接肌に触れる上半身の衣類を選択の後たたんでいると、懐かしいお父さんのようなニオイがしてくることがあります。
そして、お気に入りのタオル地のターバンは繊維の中までにおいがしみ込んでしまっていて、何度洗ってもお父さんのニオイがプンプンと漂ってきます。

涼しくなって汗をかかない季節になるとシャンプーを一日しない日がたまにあるのですが、夫の目の前を横切った時に「クサイよ」と言われることも増えました。
顔も鼻の下あたりが脂クサイことも良くあり、一時の「ニオイ」ではなく、いよいよ加齢臭であると認めざるを得ない状況になりました。

ニオイが気になり始めた42歳の頃はとにかく仕事が忙しくて、入浴もゆっくりする余裕もありませんでした。
帰宅時間も遅かったために、食事もコンビニの惣菜と外食でしたし、寝不足、運動不足という状態でした。
40歳頃からほぼ毎日、このような生活が続きその結果として、加齢臭が目覚めてしまったようです。

仕事もひと段落し、時間と気持ちに余裕ができるようになってから、まずは自分の生活習慣を見直すことから始めてみることにしました。
時間に余裕ができることで食事も自炊できるようになったので、もともとの野菜中心の食生活に戻しました。
睡眠をしっかりとれるようになったため、寝不足もすっかり解消できるようになったのですが、運動不足だけは中々改善できません。
そこで通勤の際の徒歩に加え、自宅で軽く汗をかく程度の有酸素運動を始めました。

生活習慣の改善を始めてから1年ほど経ちますが、自分の加齢臭に気が付いた当初に比べてよくなったとはいえ、以前のように一日シャンプーをしなくても安心して外出できる、というとこ所までたどり着きません。
あまり改善されていないことに悩みながら、ほかに原因はないかと考えてみると、自分の体の洗い方も原因の一つではないかと思いました。
顔と頭と体の一部を除いて、体は乾燥しがちなので月に一度ボディソープを使って洗う以外は、毎日のシャワーはお湯だけで体を洗っているのです。

汚れが加齢臭の原因という事は知っていたので、脂が多いと感じる背中や胸の谷間、耳や耳の裏、うなじ、鼻の下を石鹸で洗ってみることにしました。
はじめて1週間ほどで効果はあらわれ始め、ベタつきが治まるとともに加齢臭は収まり始めました。
石鹸を使うことによる肌の乾燥もなく、現在のところ余分な皮脂が出てしまうという事はありません。
むしろ気になっていた加齢臭が収まり始め、手で触っても脂っぽさが感じられずとても快適です。

頭皮は夫の男性用の頭皮ケアシャンプーを一緒に使わせてもらっています。このシャンプーは、すぐに効果を実感できました。
少量でも毛穴にたまった油がしっかりと落ち、しかし過剰に皮脂を落としてしまう事もありません。
また、きちんと丁寧に後頭部からマッサージをするように正しいシャンプーの仕方を実行してこともあるのか、一日シャンプーをしない日があっても、以前のようにニオイが気になることもなくなりました。

今回夫のシャンプーを使ってみて、忙しい時の癖でパパッとシャンプーを済ませてしまう癖がついていたのだなぁ、と気づく事もできました。
あまりお金をかけずに加齢臭対策をしたかったのですが、短期間でこれだけ良い結果が出ているので納得のいく出費です。

生活習慣を見直してもあまり改善が見られなかった時は、正直、加齢臭をやっつけることはできないかと思い込んでいたのですが、余分な脂を落として肌を清潔に保つことで簡単に良くなって安心しています。
そしてケアをする時間を、じっくりとる必要があると感じました。

40代は仕事やら家庭のあれこれ、非常に忙しくなる年頃であるとともに、体の変化が大きくなる年齢なので、ケアをする時間をとるのも大変だと思います。
加齢臭がきつくなってしまうのは、ケアが必要なのにその時間が取れないことも原因の一つでしょう。
今のケアを続けながら、今後は半身浴や有酸素運動で汗をかいてデトックスを積極的にしていきたいと思っています。

【おすすめ関連記事】

女性の頭皮の臭い、年代別の原因とは?変化とヘアケア、ここに注意!

頭皮の臭いの敵、ストレスで自律神経やホルモンが乱れる?

スカルプ ノンシリコンシャンプー、人気のアレで臭い対策をした結果