冬の頭皮、乾燥によるフケ、シャンプーで気をつけることは?

頭皮トラブル

冬は空気が乾燥して、建物の中も暖房で乾燥、そしてそんな状況にずっといると、頭皮だって乾燥します。
頭皮も顔の皮膚などと同じで、水分が不足するとカピカピになってお肌の健康が保てなくなります。
あなたの頭皮は乾燥していませんか?

頭皮が乾燥すると、フケやカユミの原因となります。皮脂が多ければ、乾燥を防げるのですが、どちらかといえば女性の場合は乾燥がちな方の方が多いのではないでしょうか。

冬の頭皮の乾燥の原因は

空気の乾燥

やはり乾燥状態の空気にさらされ、頭皮の水分が不足することが原因となり、乾燥してしまいます。
なんとなく頭皮がつっぱりを感じることはありませんか?
の皮脂が足りなくて、水分が保持できなくなっているのかもしれません。

運動不足などによる血行不良

冬場は寒くて部屋にこもって縮こまっている、なんていう女性も多いのではないでしょうか。どうしても冬場は運動量も減る傾向にありますよね。こうしたことで、元々冷え体質、循環があまり活発でない状態がさらに悪化して血行が良くない状態になっているのかも。

こうなると、代謝も悪くなったり、頭皮にも十分な栄養が行き渡らなくなり、お肌の環境が悪化して水分を保持できなくなってしまいます。
適度な運動や、血行を良くするマッサージなどを取り入れてみるのもいいですね。

頭皮の乾燥が招くものとは

頭皮が乾燥すると、どのようなトラブルになるのでしょうか?

・かゆみ
・フケ
・脂っぽくなる
・臭い

頭皮が乾燥しているのに油っぽいっておかしいでしょ?と思われるかもしれませんが、バリア機能が正常に働いていれば、乾燥を察知して、「皮脂を分泌しないと乾燥してるぞ~!」と皮脂を分泌してくれるんですね。
そうしたことが続くと、皮脂が過剰に分泌されてさらに臭いの原因になったりするわけです。

頭皮が乾燥するって、なかなかのダメージを与えることなんですね。ちょっとケアが難しい部分なので、ついつい手を抜くなんてことはありませんか?
頭皮を大事にしないでいると、あなたのその艶やかな髪がツヤやハリも失って、しまいには薄毛や脱毛なんていうトラブルにつながることもあるのです。

頭皮の乾燥、シャンプーはどうしたらいいの?

頭皮が乾燥しているとき、普通にシャンプーしていいのか気になりますよね。
シャンプーの選び方もそうですが、洗う頻度も注意したいところです。

冬に乾燥やフケが気になる時に使うシャンプーと、夏の暑さが続く中で使うシャンプー、同じで良いでしょうか?
この対象的な季節のお肌、それぞれ対処法は変わってきそうですよね。

これ!と決めたらず~っと同じものを使い続けるのも良いのですが、状態が変わったら、シャンプーを見直さなけらばならないこともあります。顔につけるローションや乳液なんかも季節でちょっと変えてみたりしませんか?それと同様に、頭皮もケアしてあげたいですよね。

日々のシャンプーは欠かせないにしても、冬は乾燥肌向けのシャンプーを選んだり、夏はすっきりベタつきを流してくれるシャンプーにしたりすることで、防げるトラブルもあります。

特に年齢とともに、皮膚のバリア機能が低下してくると、それだけでも季節問わずトラブルが発生しやすくなっていたりするものです。「いつも同じ」は安心なようですが、時に肌状態や体質が変わってしまって新たなトラブルが生まれることもあるのです。

シャンプーの成分を知る

顔につけるものや顔をあらうものって、成分をしっかり確認してますか?敏感肌なら敏感肌用を選んだり、低刺激のものを選んだり、◯◯無添加というのを気にしたりしますよね。
頭皮につけるものも、その成分は様々です。現在使っているものの成分はどういった洗浄成分なのか、ちゃんと把握していますか?

市販のシャンプーは、ほとんどが強い洗浄力をもった高級アルコール系の成分が入っています。
「ラウリル硫酸ナトリウム」なんかが代表的ですね。安価で洗浄力が高いもので、弱った地肌には刺激が強いです。

これとよく似た「ラウレス硫酸ナトリウム」のもあるのですが、これはラウリル硫酸ナトリウムより肌への刺激が優しく、皮膚にも残りにくいのだそうです。ただ、洗浄力は強いです。

石鹸シャンプーは、これも洗浄力が強いです。髪がキシキシします。というのも、石鹸シャンプーであらうと、アルカリ性になり、これもまた弱ったお肌には刺激になります。

アミノ酸シャンプーは適度に皮脂を残しつつ、優しい洗浄力でマイルドに洗ってくれるもので、美容院でもほとんどこのアミノ酸シャンプーを使っています。

美容院でおすすめのシャンプーというと、お高い感じがしますが、たしかにアミノ酸シャンプーは高価です。
ですが、冬場、乾燥してお肌が敏感な状態で洗浄力の強すぎるシャンプーなどヘアケアを続けると、さらにダメージが深刻になることも十分に考えられます。

市販のシャンプーにも、石鹸シャンプーにももちろん良いところがあり、状態によってはそれがベストというケースももちろんあります。いずれにしても季節にあった、あなたのその時のお肌状態に合ったものを使い分けることが大事ですね。

まとめ

冬の乾燥は、空気の乾燥や暖房による乾燥、そして運動不足などで体全体の巡りが悪くなっていることも考えられます。
夏場は意識する水分補給も、冬場はそれほどでもないということも原因のひとつかもしれませんね。

頭皮の乾燥は、軽度のうちはあまり気になりませんが、そのうちにフケやかゆみ、臭いなど、不快な症状をもたらすこともあります。
軽視せずに早めに対処したいですね。

乾燥すると、シャンプーも今までと同様の方法や同じもので継続するとデメリットが生まれてくることもあるので、季節や肌状態に合わせて選ぶことも必要です。

シャンプーにもいろいろと種類があるので、お肌が弱っているな、と感じた時は、お肌に優しいもので、丁寧にケアしてあげましょう。髪の毛を生やすための大切な土壌が頭皮。そこが健康でないと、大事な髪の毛まで不健康になってしまいます。

あなたの頭皮を1番に考えられるのは他でもないあなただけ。
地肌や髪の状態と相談しながら、日々の食生活や環境にも気を付けて、健康な頭皮を守ってあげましょう。