頭皮のベタつき、兄弟でも私だけ?それにはこんな理由がありました

【体験談】頭皮トラブル

子供の頃からずっと頭皮・髪の毛が脂性のようでベタつくのが気になっていました。でも顔は脂性肌というわけでもなく、どちらかと言えば乾燥が気になっているくらいです。
そういうベタついた家系なのかなというと、そうではありません。
私には兄と妹がいますが2人とも私のような頭皮の脂っぽさなどないので、なんで家族の中で自分だけなのかなーと、ふとした時に疑問を持ったりしていました。

そんな私が大人になってからですが、ある時母に「あんたの髪の毛だけそんな風になってしまってすまないねえ」と、産んだ私に責任があるという感じで言われたことがありました。
私は、「そんなの誰のせいでもないから」と言ったのですが、母が言うには、実は私のこの頭皮や髪質にはあることがきっかけになっているというのです。
そのきっかけとなることが起こる以前は、私の頭皮も兄弟と同じく普通だったと。

母が話してくれたことにビックリしました。
私は現在42歳になりますが、私が3歳ぐらいの時に近所でアタマジラミが流行った時期があったそうです。
アタマジラミというのは、髪に寄生して、頭皮から血を吸うシラミのことです。かゆみや炎症を引き起こします。

今の時代ではアタマジラミなんてなかなか耳にすることはありませんが、今でも子どもたちの間で流行ることがあり、「スミスリンシャンプー」という薬がドラッグストアで販売されています。
ですが、当時はそのような有効な薬なども簡単に手に入るものでは無かったようですし、アタマジラミは熱に弱いという知識もなく、近隣の人はみんなアタマジラミ撲滅のためにお酢で子供の頭を洗ったそうです。

兄と妹も同じようにお酢で頭を洗ったそうなのですが、頭皮や髪質が特に変質するわけでもなかったそうです。
なぜか唯一私だけが、お酢で頭を洗っているうち、ある日突然、それまでの髪の毛の質と明らかに変わったそうです。
その日のお酢が原因だとはっきりしている、と母は言っていて、それをごめんねと謝ってくれたのでした。

3歳なら覚えていそうなものですが、私の記憶には全く残っていませんでした。
昔は今みたいにネットなどですぐに情報を得ることもできなかったでしょうし、当時は周りと同じようにそうするしかなかったのでしょう。
何気なく「お酢って薄めて使うの?」と聞いたら「ううん、薄めず酢そのものを頭皮と髪の毛に塗った」という答えでした。
知識が無いながらも、原液のお酢を薄めずにそのままの幼児の頭皮や髪に使ったことにはちょっと驚きました。
時代が違うのでしょうが、自分の息子が3歳の時にお酢みたいにきついものをそのまま直接息子の髪の毛に塗るなんて考えられません。

思えば10代の頃にはいつも、頭を洗ってもすぐ頭皮がべたついていました。ほんとうにそれが原因なのかはよくわかりませんが、その時からガラリと髪質が変わったというので、頭皮にも影響してもおかしくはありません。
それにしても、知識がない、間違った知識って怖いものですね。

思春期の時はベタつく頭皮や髪がほんとうに嫌でしたが、大人になってからは頭皮によさそうなシャンプーを選んで使うようになり、今では普通の肌に戻っているように思います。

ですが、今度はアラフォーになって頭皮のニオイがちょっと気になる年齢になってきました。
私の頭皮のべたつきはシャンプーを頭皮に優しいものを使うことでほとんど解消されましたが、これからは年齢特有の臭いなどがちょっと心配です。
でも、今の世の中、昔と違って色んな商品があるので、どうにかなりそうな気もします。

【おすすめ関連記事】

頭皮の油、女だって悩んでる!皮脂の改善とシャンプー選びどうしたらいい?

頭皮の悩みとシャンプー、あなたの選び方、頭皮を痛めつけていませんか?ほんとに良いのはどんなシャンプー?

頭皮のかゆみとシャンプー、女性は市販のもので◯◯を落としすぎている可能性あり?!