頭皮の保湿はお肌と同じだと考えて対処したら段々に

【体験談】頭皮トラブル

現在30代後半の私ですが、子供を出産した20代後半頃から少しずつ頭皮の乾燥に悩み始めていました。
特にここ5年ほどは症状がひどく、乾燥からかゆみが襲ってきます。掻くと頭皮が剥がれてフケとなってパラパラと落ち、その傷ついた頭皮が再生する頃にはまたかゆくなるといった状態を繰り返します。

そんなある日息子に黒い服に付いたフケに気づかれて指摘されたことがあります。その出来事から以降、自分でもフケがますます気になるようになりました。
かゆみが強い時にはいっそめいっぱい掻いてふけを出し切ろうなんて思ってしまうこともあります。

掻いている間は罪悪感でいっぱいですが、同時になぜか掻くことで気持ちが落ち着くので不思議です。でも掻いた後はまた治るのが遅くなってしまったととても後悔してしまうので意味がありません。ストレスも原因だろうと思っているのに、そう思わないようにするのもストレスだなんてどうしたらいいかわかりませんでした。

もともと肌が弱くアレルギーも持っています。小さい頃から気温の差やストレスでかゆみが出たり、ひどい時には発疹が出ることもありました。出産後は寝不足などの影響からかその症状に悩まされ、数年ぶりに薬で治療していた時期もあります。

頭皮の乾燥が悪化した原因として、やはりそういったもともとの肌の弱さからきているのではと思っています。他には女性ホルモンの変化も影響しているような気がしています。からだ全体の乾燥を感じることが増えたことからも、もう20代の頃の潤いとは違うからだになってきているのだと認めざるを得ません。

ただ、「からだ全体の乾燥」と気づいた時、頭皮の保湿への対策が浮かびました。
「頭皮」と特別に考えずに「からだ」と考えた場合、顔や手足の乾燥を防ぐケアはしているのに頭皮にだけ何もしないのでは乾燥するのも当たり前ではないかと思えたのです。そこからは頭皮の乾燥だけでなく、体全体の乾燥対策として、今まで以上に気遣ってみようと思い直しました。

まずは自宅にいる時は部屋の湿度をしっかり意識することをしてみました。秋冬は特に加湿器が欠かせないのですが、50度くらいで保っていた湿度を55~60度くらいまで上げて潤った室内をキープしています。

血行を良くすることはからだの代謝も良くなるため、からだを温めたりこまめに動くこと、循環をよくするためのマッサージもたまにしています。指の腹で上に持ち上げる程度の簡単なマッサージです。かゆみの弱いときやお風呂上りにすると楽にできる気がします。

洗髪の時は特に気をつけています。マッサージのように指の腹で優しく洗うこと、さらにしっかりシャンプーを洗い流すことです。それまでは洗いながら掻いている状態でしたが、今は多少痒くてもがまんして優しく優しくと言い聞かせて洗っているうちに辛さもなくなってきました。
以前は痒いというのが強くて、つい強めに洗っていたことに気付きました。

頭皮には全身の体調も影響すると思います。肌全体、体全体の水分を維持することを忘れず、悪化させることのないように今後も保湿を続けていきたいです。

【おすすめ関連記事】

シャンプーが頭皮のかゆみやフケの原因?お手入れ方法は?

シャンプーの表示成分、硫酸はだめ?安全 おすすめなのは?

頭皮の血流を良くするには?あなたの頭皮の色はどんな色?原因と対策