30代で出産、これまでにない抜け毛、私のとった対策

【体験談】薄毛・抜け毛

30代前半の女性です。
髪の毛を長く伸ばしていた若い頃に「髪が抜ける時期があるなぁ」なんて思ったことはありました。
ですが、これまでの人生、こんなに「抜け毛」というのを強く意識したことはありませんでした。
それは、2年前に子供を出産した時のことです。

産後3か月くらいは、授乳や夜泣き等で朝も夜も熟睡できるような時間がほとんどなく、いつもうつろで起きているような状況で、とにかくいつも眠いし疲れていました。
その疲労のピークが過ぎて産後5か月くらいして産後初めて美容院へ行きました。
担当の方から、産後の抜け毛はホルモンのバランスが変わったり疲れやストレスでも起きると言っていました。
少しでも癒やされたくて、一緒にヘッドマッサージをしていただきました。

産後の疲れとホルモンのバランスの乱れ、これは出産後のママなら誰でもあるものです。
ですが、その後もしばらくごっそりと髪が抜け続けて、このまま禿げていくのではないかと本気で心配したくらいです。
たっぷり睡眠をとって体を休めること、それにもっとリラックスするためにも癒やしが必要だな、と本能的にも思いました。

抜け毛の対策は、まず眠る事。
生まれて間もない我が子の育児が始まると、子供が眠っているうちにやってしまいたい!と思うようなことが沢山あります。
ですが、あれもこれも全部消化しようとせず、無理をやめて子供が眠っているときは私も一緒に休む事にしました。
ストレスをためないこと、ついがんばりすぎてしまう育児を完璧じゃなくてもいいと考えることも私にとっては大事なことでした。

そして、食事。
和食中心でひじきやわかめ等ミネラルのあるものや、栄養バランスを意識して食べたりして、あと、カフェインも取りすぎないようにしました。

あんなに心配した抜け毛でしたが、私の場合は3~4ヶ月の一時的なもので、気がついたらあの大量の抜け毛もあまり見られなくなり、それに気づいた時には本当にホッとしました。

現在は2歳になった活発な我が子を相手に、日々奮闘中です。
2歳になって自我が芽生えてきたりでこちらはどうしてもキー!っと頭にきてストレスを感じることもあります。
そんなことが続くと、また抜け毛が増えてきたかな?なんて気になります。

そんな時は、子育てでもできるところはがんばりすぎないように、手抜きをしたり、お出かけしてリフレッシしたり、楽しい食事やたっぷりの睡眠などで気分転換をするようにしています。

あと、私は乾燥肌タイプなので、頭皮にシャワーをかけるときは熱すぎるお湯でなく、ぬるめのお湯で流すようにしています。
ぬるめのお湯をかけながら頭皮マッサージなどすると、結構リラックスできます。

それから、私が頼りにしているのは美容師さんです。
頭皮をマッサージしただけで、お疲れの様子がわかったり、やはりプロの方は違いますね。
個人で自己判断してあれこれ試すより、迷ったらプロのアドバイスをもらうのがやっぱり安心だと思います。

子育てでは主人や実家なども頼りにして、頭皮や髪の方は美容師さんの手をお借りしながら、育児期のストレスや疲れ解消など、上手に解決していきたいと思います。

【関連記事】

女性の頭皮はケア次第!薄毛、抜け毛、髪の老化を遅らせるためにできること

女性の薄毛対策 シャンプー選び、ケア方法など現役美容師からのアドバイス

頭皮の悩みとシャンプー、あなたの選び方、頭皮を痛めつけていませんか?ほんとに良いのはどんなシャンプー?