同居ストレスで一気に増えた抜け毛、改善のためにした2つのこと

【体験談】薄毛・抜け毛

42歳の専業主婦ですが、私は姑と同居をすることになってから、急速に抜け毛が増えました。
そもそも私自身が望んだ同居ではなかったこと、同居を始めたときは子供が幼かったこともあり、同じ家に女性が二人いることで、家事や育児に関してお互いに価値観が異なることも多く、当初から何かと衝突を繰り返していました。

状況がひどくなったときには夫に中に入ってもらい、話し合いをして改善されたこともあったのですが、どうしても日がたってしまうとまた元の関係になってしまうのです。
抜け毛を始めて実感したのは、同居から数ヶ月、洗髪後に髪の毛を乾かしていた時のことでした。

それまでは、数本の抜け毛しかなかったのですが、数えてみると30本近くの抜け毛がありました。
洗面所だけでなく、一日のほとんどを過ごすリビングにも私の長い髪の毛がたくさん落ちているのを発見しました。
特に見た目にもひどいのは頭頂部とサイドの部分です。
よく見ると、うっすらと地肌が見えるところもあり「禿げてしまうのではないか」と心配になり、これもまた私の大きなストレスとなっていたのです。

もともと、頭皮が乾燥しやすくて季節の変わり目には「フケ」が出ることもあったのですが、ストレスにより頭皮の環境がさらに悪化したようで、日常的に頭皮にかゆみを感じるようになりました。

こうした精神的にも追いつめられたような状態で、心身ともに疲れ切ってしまった私がこの環境改善のためにしたことは二つあります。

まずは、家族で相談してストレスの原因となっていた姑との関係を改善することにしました。姑には近くのアパートを借りてもらい、週末だけうちで食事をすることにしてもらったのです。

これにより、子供が昼寝しているときなどは一人のリラックスした時間を過ごせるようになったこと、台所やお風呂を共同で使用しなくても良いこととなり、それだけでもかなりストレスが緩和されました。
私も慣れない同居生活を過ごしながら、子育ての疲れ、大変さもあり、イライラしやすい環境だったと思いますし、姑も孫可愛さでついあれこれ口を出したくなってしまったのでしょう。

実は、同居を始める前、私と姑とはまるで実の娘と母親か、もしくはそれ以上であるかのようなとても良好な関係だったのです。
どんなに相性が良いと思っても、やはり生活を一緒にするというのはそう簡単ではありませんでした。
お互いに距離感をとることでまた元の関係の戻れたことも幸いで、別居することにしたのはお互いにとってプラスになりました。

また、頭皮の環境のために始めたのが「育毛サプリメント」です。
いろいろ考えたのですが、体の内側から抜け毛の改善をすることを考えたのです。
育児をしているので、自分にあれこれの時間をかけるようなゆとりもなかったので、髪や頭皮に必要な栄養素を簡単に摂取できるサプリメントの利用は今の私にぴったりでした。

でも、対策後一か月ほどは特にこれといった変化は見られませんでした。
しかし、そのサプリを飲むようにしてから2ヶ月、3ヶ月と経過する頃から徐々に抜け毛の数も減り、頭皮の乾燥も改善してかゆみなども感じなくなりました。
髪の毛にツヤやコシも出てきたので、育毛サプリメントの効果なのかな、と思っています。

毎日山積みされていくストレスから開放され、育毛サプリメントで体の栄養をしっかり考えることで、抜け毛も減り、髪も元気になってきました。
やはりストレスがある状態が続くと、体にも悪いですし、頭皮や髪の毛にも悪いことがいっぱい。

できる範囲でこれからもできるだけストレスを溜めず、姑とも上手に付き合っていきたいと思っています。

【関連記事】

薄毛が気になる女性、シャンプーやブラッシングでのケアはどうしたらいい?

頭皮の悩みとシャンプー、あなたの選び方、頭皮を痛めつけていませんか?ほんとに良いのはどんなシャンプー?

頭皮のお手入れ、女性の薄毛対応策、育毛剤の前に考えるべきはここ!早めの対策で回避せよ!