DHCの白髪隠しって手につかない?汗ではどう?実際に試してみました

白髪
みお
みお

ちょっとお出かけしようと思ったら、あら、生え際の白髪が、、、もうやだ。。。

 

りこ
りこ

そんなときは、DHCの白髪隠しが便利かも!

 

染めてもしばらくすると根元の髪が白く目立って、これ、悩ましいですよね。自分が気になるだけじゃなく、老けて見えたり、疲れて見えたり、薄毛みたいに見えたり、いいこと無し、ですよね。

前から気になっていたDHCの白髪隠し。
口コミは結構いいみたいだけど、実際付けたとき、手につかないのかとか、雨や汗でどうなるか、という点についてはほとんど書かれたものがなくて、わからないんですよね~。
そこで、自分で実際に試してみることにしました。

DHCの白髪隠しを買ってみた

DHCの「瞬間 白髪隠し 生え際 分け目用」を購入。

ちょうど急いで白髪を隠したかった日だったので、近所のイオンに入ってるDHCの店舗へ行ってみたらちゃんと売ってました。

パッケージに、「汗・雨に強いウォータープルーフ処方」と書かれています。これなら安心かも。

他に、

・必ず乾いた髪にお使いください
・スタイリングの最後にお使いください
・就寝前にシャンプーで洗い流してください

と書かれています。

容器はちっちゃい手のひらサイズでかわいいです。
中蓋があって、そこにブラシが収納できます。

ブラシは、ほどよい弾力のある小さな刷毛で、毛先は斜めにカットされていて、髪の根本に塗りやすい形状となっています。

よくマスカラタイプの白髪隠しがあるけど、あれよりずっと塗りやすそう。

「ブラシに少量ずつとって塗布することが自然に仕上がるポイントです」とあるので、少量とってみました。
こんな感じかな。

これを生え際から毛先に向かって白髪をなでるように、とのこと。

すみません。冒頭でも出しちゃいましたが、こんな白髪頭をお見せして。お恥ずかしい。
染めに行かなきゃなぁ、と1週間ほど前から思ってました。。。こりゃ老けて見えますよね。

さて、この白髪を隠せるか?

思った以上に、刷毛が絶妙です。
髪の根本に負けることもなく、勝ちすぎることもなく、程よく髪に色をつけてくれます。

さて、一部塗ってみました。

ウォータープルーフのマスカラを刷毛で縫ってるようなもんなのでしょうね。
ちょっとずつ髪に乗せていくことで、徐々に白髪が目立たなくなってきました。

全体になじませてコーミングしたらこんな感じに。
見た目、ナチュラルに白髪が隠せてるかな。

DHCの白髪隠しは手につかない?汚れはどうなの?

さて、ここで、気になっていた手につかないのか、汚れないのか?といったところ。

このコームでコーミングしました。

これで数回コーミングしたら、ほんのり色が付きました。
予想よりはつかない感じ。

じゃあ、前髪をかきあげたらどうなるか。

1回、2回とかきあげてみたら

やっぱりほんのり色が付きました。
白いシャツなんかは要注意ですね。
かぶりものの試着なんかするときはNGだな。

この日1日、やっぱり髪をかきあげるときは注意してなるべくこの白髪隠しを塗った部分にさわらないようにしました。
少なからず手についてしまうので。

ただ、今回の私は白髪部分が相当伸びちゃってますからね。

今回のくらい白髪が伸びないうちなら、ほぼ影響ないと思われます。そんなに根本ギリギリを触るってことはないでしょうから。

汗ではどうなのか?

ジムにいって汗をかくときに試しに塗ってみました。
生え際に塗るので、汗をいたら汗が茶色になったりする可能性もありますから、ひとまずちょっと。

その状態で、約1時間、踏み台昇降を使ったエクササイズで汗タラタラ。

髪の毛の先から汗がしたたるほどに汗をかきましたが、茶色い汗が滴ることもなく、問題なし。でした。
タオルで汗を拭うときに気を付けたくらい。

シャンプーする前に、試しにシャワーをザーっと塗ったあたりにかけてみたけど、シャワーのお湯も透明なままでした。

手や布で擦れば若干、色はつくものの、汗や雨でも色が流れてくることがなく、安心して使えます。

さいごに

DHCの「瞬間 白髪隠し 生え際 分け目用」を使ってみましたが、1,000円ちょっとというお手頃価格を考えても、良いアイテムだな、と思いました。

ちょっと伸びた白髪ってとっても気になるもの。手軽に、簡単に、サッと根元の白髪をカバーできるものがあると重宝しますし、場合によっては白髪染めの回数も減らせることにつながります。

白髪染めはやっぱり髪のダメージも気になるので、少しでも回数が減らせたら嬉しいですよね。

【関連記事】

>>>白髪染めの後「シャンプーやトリートメント選びが大切」な理由