花王の白髪染め リライズの口コミ、まず3日連続使ってみた結果

白髪

 

みお
みお

花王の新しい白髪染め、「リライズ」気になる!

りこ
りこ

「メラニンのもと」で染めるから、髪に負担がないらしいよね

ずっと白髪染めをしていると、年齢とともに頻度は多くなってくるし、その分、髪や地肌への影響も心配ですよね。

このリライズは髪に優しい「メラニンのもと」で染めるらしくて、これは気になる!試してみたい!

だけど、使い方とか、染め方、染まり方、ニオイは?どんな色になる?実際どうなんだろう?などなど、不安もあったり。

そこで今回は、実際にこの花王のリライズを使ってみての結果、そして感想などリライズについての実際の口コミをご紹介します。

花王のリライズで白髪を染めてみました

何を言うよりもまずは、実際に染めた白髪を見たほうが早いですよね。

染める前 ↓

白髪がちらほら。こうなると、ちょっと薄毛にも見えるし、なんとも。染めないといけませんね。普段はダークブラウン系の髪色です。

ちゃんと美容師さんみたいに、分け目を作って、そこにコームでしっかり根元に薬剤を塗っていきます。めんどくさがりやだけど、ここは丁寧に。

リライズ1日目 ↓


「少しずつ目立たなくなる」って書いてるけど、割と染まりました。

白髪染めのような即効性はないけど、結構目立たなくなってる。そして、かなり黒くなりました。
でもまだちょっとチラチラと白髪が光って見えます。

リライズ2日目 ↓


お!結構黒くなったよ。っていうか、黒いな。
そもそもの白髪染めはいつもダークブラウン系で染めていて、それほど明るい色じゃないんだけど、この黒は黒い。
メラニンのもととなる成分で染めているから、茶色とかないのかな。(色のバリエーションについてはのちほど)

リライズ3日目
いや、全然白髪目立たない。ばっちり染まった!
でも写真を撮り忘れました^^;
まぁ、1日目、2日目から想像してみてください。黒々としっかり染まりました。
なんか、根元だけ染めたから、根元以外はブラウンで、まるでヘアカラーした若い人の髪が伸びてプリン状態になったときみたい。

髪が黒くなると、顔周りって暗くなるのね~ってちょっと思いました。それくらい、ちゃんとしっかり黒く染まります。

あとは、好みの仕上がりになったら、「維持するには、週1回程度を目安に」継続するように、と説明書に書いてありました。

花王のリライズ、使い方は?放置時間は必要?

普通の白髪染めとかヘアカラーって、髪が乾いた状態で使いますが、リライズはシャンプー後、タオルドライした髪に使います。

シャンプー⇒リライズ⇒コンディショナーまたはトリートメント

といった順番。だから、入浴時に使うアイテムですね。

シャンプーしてよくすすいだら、水がたれないくらいにタオルドライで水気を拭き取ります。

とろりとしたクリーム状で、それを白髪の根元からつけていきます。
薬剤を塗布するときは、付属のビニール手袋をします。
塗ったら5分置いてしっかりとすすぎ、その後にコンディショナーやトリートメントで仕上げます。

お風呂で染めるのですが、まずタオルドライをするので、薬剤がたれてくることもありません。髪をまとめて5分置くだけです。

めんどくさがりの私は3回目は手袋しなかったけど、塗布時はコームですれば、流す時も素手でそのままやったけど、特に手指が染まるなどということもなく、何も問題なかったです。

花王のりライズ、肌とか服についたら取れる?取れない?

ヘアカラーとか白髪染めって肌に付くと着色しちゃって落ちにくいけど、リライズは流せばサラッと落ちました。

うっかり白いシャツにちょっと付けちゃったんだけど、洗濯したら落ちました。

ただ、落ちない素材もあると思うので、布への付着は気をつけたほうがいいと思うけど、肌や爪の表面は私の場合は大丈夫でした。

気になったので、わざと髪を染めてる間、手の甲と、ネイルした爪の表面に薬剤を塗って、同じように放置してみたんですよ。それでも、手も爪も染まらず、サッと流したら落ちたので、それほど神経質にならなくても大丈夫そうです。

ただ、爪と指の間とかだと、もしかしたら落ちにくいかもしれません。

花王のりライズ、ニオイはどうなの?

白髪染めといえば、ニオイが気になりますよね。
リライズは?というと、刺激臭のようなニオイは全然ありません。

染料のニオイで、決していい香りってもんではありませんが、白髪染めのような強烈なニオイはしないし、つけてる間もニオイや刺激は感じません。

流したあとも髪にニオイは残りませんので、トリートメントの香りと混ざったり、なんてこともありません。

残った薬剤は次回に使えるの?

リライズは、プッシュ式のサーバーになっていて、このサーバーが使いやすいです。
これまで、市販のいろんな白髪染めやヘアカラーを使ったことがあるけど、このサーバーは使いやすい。

で、残っても次回に使えます。
ちなみに、リライズにはつけかえ用というのがあって、このサーバーのヘッド部分は引き続き使えます。

リピートするなら、このサーバー部分は捨てずに保管しておかないとね。

花王のリライズって白髪染めとどう違うの?

このリライズ、普通のヘアカラーとは違って、髪の表面に着色する染毛料とのこと。

商品の特徴としては、100%天然由来の黒髪のメラニンのもととなる「ジヒドロキシインドール」という着色成分を配合しているのだそうです。

ヘアカラーや白髪染めっていうのは、髪のキューティクルを開いた状態にして脱色して中に色を入れていくから、髪への負担が大きいんですよね。染めたあと、髪がギシギシ、パサパサ、なんてことになりがちです。だから、染めたあとのケアも大事なんですよね。

>>>白髪染めで傷んだ髪にお悩みの方へ

なので、リライズはヘアマニキュアに近いですね。
ヘアマニキュアも髪の表面を染めるものだから、髪に優しいですよね。

ヘアマニキュアと違うのは、リライズの方は数回使うことで色を調節する点と、リライズは色の種類がないということでしょうか。

花王のリライズ、色のバリエーションは?

リライズには、黒かグレーしかありません。
メラニンのもととなる着色成分配合だからなのかはわかりませんが、黒系の色だけで、ブラウンとかありません。

リ・ブラックのふんわり仕上げ
リ・ブラックのまとまり仕上げ
グレーアレンジのふんわり仕上げ
グレーアレンジのまとまり仕上げ

この4種類の展開になっています。

私は髪が細くコシがないので、少しでもボリュームが欲しくて、ふんわり仕上げを選びました。
ふんわりとかまとまりとか、ちょっとトリートメントみたいですよね。

実際、仕上がりはどうなの?

白髪染めしたあとって、髪がゴワついたり軋んだりしがちだけど、リライズを使ったあと、全然そういった感じはありません。

今回は根元をメインに使ったのですが、ヘアマニキュアのようにちょっと髪をコーティングしてくれるというか、ハリとかツヤが出たように感じました。

10日ほど経過すると、根元の白髪がまたチラチラ光を発してきたので、再度1回使用したら、ちゃんとケアできたので、こうやって継続していけばいいのね、ということがわかりました。

まずは3日ほど連続で好みの感じに染めて、それからは1週間に1回くらいの使用頻度ということです。

最初買う時は、ちょっと高いな、って思ったけど、こうやって染めてしばらくキープしてれば、美容院での白髪染めの回数も減らせるから、結果的にはお財布に優しいかな、と感じました。

仕上がりは、黒くなるけど、髪が傷むことも地肌が痒くなることもなくて、白髪のカバー力もしっかりあるので、満足度はなかなか高いです。

美容院のヘアカラー、白髪染め、市販のヘアカラーや白髪染め、ヘアマニキュア、カラートリートメントなどいろいろ使ったことがあるけど、染まった感じは一番優しくてしっかり染まったかな。

これでブラウンとかあればいいのになぁ。

これから白髪が増えていったら、リライズのグレーで髪のツヤをキープしてキレイな白髪になりたいものです。

花王のリライズ、使ってみて感じたデメリットは?

白髪カバー力もあり、髪や地肌に優しいというメリットはありますが、ではデメリットはどうなのか?という点もみてみましょう。

色のデメリット

デメリットはやはり髪色が真っ黒になるということでしょうか。
それも、かなり黒いので、ブラウンとか明るい色で染めている場合だとこれで根元だけ染めるのはNGかと思います。
色の違いがなかなか明確に出ると思います。

元々の髪色がダークブラウンとか、暗めの色で染めている場合なら、個人的にはそれほど違和感はないように思います。

髪が黒くなると、顔周りが暗くなるのね~って、染めた時に思ったけど、根元に白髪がちらちらしてると、かなり老けて見えるから、それに比べれば黒い方が数段いいです。若く見えます。

また、グレーの方は使ってみていませんが、ほとんど白髪になっている状態で使うのには、ツヤが出てきれいにグレーが出てなんだか良さそうです。

アレルギーとか肌に合わないから白髪染めができないという方は、お肌に合えば髪にも優しいのでこれは良いのではないでしょうか。

 

価格のデメリット

やはり市販のもので3,000円程度となると、価格的にちょっとお高めかな、という印象は否めません。

ですが、白髪染めの繰り返しで髪の傷みが気になる、頭皮への刺激が気になるという場合、白髪染めの頻度を減らす意味でも、こうした染料でしばらくごまかすというのもひとつの方法かもしれませんね。

思った以上にしっかりと染まるので、カラートリートメントなどに比べると、より使いやすいように感じます。
カラートリートメントって(ものによるとは思いますが)ずっと使い続けないといけないし、毎回何分か置かないといけないし、その割にあまり染まらないし、めんどくさいうえにあまり効率が良くないんですよね。私は数回使ってやめた経験があります。

費用対効果としては、まずますかな、と。

花王のリライズを実際に使用した個人的感想・口コミまとめ

リライズ試してみたい!ってドラッグストアへ行って、最初は「たっか!」とお値段が思った以上にお高かったのが衝撃でした。実際買うまでに結構悩みましたもの。

でも、よくよく考えましたよ。
美容院のカラーはもっと高いでしょ~、市販の白髪染めはやっぱり髪の負担がすごいじゃない、できれば避けたいところだし。

ということでものは試しだ!と、えいや!っと買ってみたのですが。
結果オーライでした。

これならリピもありかな、と。

私、白髪染めでいまのところアレルギーはないけど、結構頭皮がかゆくなるんですよ、いつも。
染めてるときもそうだし、染め終わって数日とか。

なので、間違いなく良くない刺激を受けていることは確かで、回数を減らせるならそれが一番いいわけで。

個人的に特にいいな、と思ったところは、

・染まりの良さ(真っ黒だけど)
・サーバーの使いやすさ
・刺激がないところ

こういった点でポイントが高かったです。

サーバーは、床に置いておきながらプッシュしても薬剤が出やすくて、それがとても使いやすいと感じました。いろんなヘアカラーとか白髪染めとか、市販のもの使ったことがあるけど、このボトルは使いやすい。

ちなみに、全部で5回ほど染めましたがまだ薬剤は残っています。全体を染めれば、そんなに保たないとは思うけど、伸びた部分だけのカバーと考えれば、コスパもそんなに悪くないかな。

毎回手袋をするのはめんどくさいので、たぶんもう手袋を使うことはないでしょう。(ですが、商品としては、使ってくださいってことです、一応、ね。)

ただ、色が黒いので、明るめのカラーにしたい人には向かないですね。結構色持ちもいいから。
なので、市販の白髪染めの刺激がちょっと、でも、白髪は隠したい!という方に向いています。

あなたのご参考になれば幸いです。


【白髪染めで髪の傷みが気になる方におすすめの記事】

>>>白髪染めの後「シャンプーやトリートメント選びが大切」な理由