白髪は抜くと増えるのか?食べ物は関係あるの?

白髪

白髪がぽつりぽつりと気になってくる時期ってありますよね。
こんなとき、1本2本だとついつい「抜いちゃおう!」なんて鏡とにらめっこ。
こんな風に白髪を抜きながらも、「白髪って抜いても大丈夫なのかな?」なんて心配じゃありませんか?

白髪は抜くと増えるの?抜く場合のデメリットは?

白髪って増えることはあっても、減ることはないですよね。

「白髪を抜くと増える」なんてたまに耳にしますが、美容師さんに聞いたら、そんなことはないそうです。

ただ、毛根のダメージになるから、抜くのはデメリットのほうが大きいよ、ってことでした。
たしかに、ムダ毛なんかも、自分で抜くのは良くないんですよね。

肌へのダメージがおおきくて、次に生えてくる毛が埋没しちゃったり、なんて思わぬ二次トラブルを引き起こします。

そもそも、白髪を抜いた毛穴から次に生えてくるのはやっぱり白髪なんだそうですよ。

髪の毛の生え変わりは、一定のサイクルがあるけど、年齢とともにそうしたサイクルもゆっくりになってくるから、抜いてばっかりいたら、こんどは薄毛が気になってくるかもしません。

下手したら、その毛根からもう髪の毛が生えてこれなくなっちゃうかも。それはそれで深刻ですよね。

だけど白髪って、なぜかビンっと元気だったり、うねうねっと縮れてたりして、他の髪から浮いてて目立つんですよね。

だから白髪を抜いてなんとかしようとする気持ちもわかります。だけど、それだったら、誰かに頼んで根元からカットしてもらうのが良いですね。

実際やってみると、自分で髪の毛1本だけ切るのって意外と難しくって、健康的な黒髪まで一緒に数本カットしちゃったりするので、失敗しないためには誰か人の手を借りたいところです。

この「抜く」という方法で解決しようとしている時期はまだかわいいもので、ここからおそらく数年すると、毎月のように「そろそろ染めなきゃ~」っていう時期がやってきます。
でもね、できればここまで到達する前に、白髪を予防できることがあるならやっておきたい!ですよね。

白髪に効果、食事でできる予防法は?

白髪って、まだ完全に原因が解明されていないので、これで予防できます!というものは明確にはないというのが現状です。

正常な髪というのは、髪の毛の毛根のところにある、毛母細胞という組織を通してメラニン色素が送り込まれていて、それで日本人の場合は黒い髪が生えてきます。

ですが、このメラニン色素を作る機能になんらかの影響があって、メラニン色素が生成されず、もしくは不足して白い髪が生えてくるようですね。

では、そのメラニン色素というのはどうやって作られるのでしょうか?

ウィキベディアでは

脊椎動物では、大半が皮膚の表皮最下層の基底層や毛髪の毛母などにあるメラノサイト(色素細胞)で生成され、一部は網膜色素上皮細胞で生成される。
メラノサイトはメラニンを生成する機能があるのみで、メラニンを貯蔵する細胞ではない。
メラニンについてこのように書かれていて、毛母細胞にあるメラノサイトで作られるもので、蓄えておくことものできないものとのこと。

髪の毛は生えてくるその時にメラニン色素があるかないかで、黒髪か白髪かが決まってくるんですね。

メラニン色素っていうのは、その生成過程も非常に複雑とのことで、例えば「この食品を食べればOK!」とかいう類のものではありません。

ただし、アミノ酸などの栄養素は不可欠なようで、「バランスの良い食事」というのはキーポイントになりますね。

極端に栄養バランスが悪かったり、加齢や遺伝でメラノサイトでメラニンの生成ができなくなったり、上手に受け渡しができなくなったりということが、白髪につながることもあるので、特効薬的な食品は難しくても、日々の食事からの栄養はしっかり意識したいですね。

白髪と海藻

髪の毛には海藻、わかめや昆布がいいなんて昔良く聞いたことがありませんか。

私は小さい頃から髪が細くて柔らかくて、ちょっと茶色っぽい髪の色をしていました。これは、母も妹もそういう髪質なので、遺伝とも言えるでしょう。

でも姉の髪の毛は父親ゆずりなのか、黒々として、コシのあるきれいな髪で、とても羨ましかったのを覚えています。

そんな私に、よく母が「わかめをたくさん食べなさい、髪にいいんだよ」なんてよく食べさせていました。でも、そんな私も、髪質は当時から今現在に至るまで変わらず細くて柔らかい、いわゆる猫っ毛です。

それよりも、むしろ年齢肌対策として摂っているコラーゲンなどを意識して食べたほうが、髪や爪が元気になったと感じているくらいです。

ただ、白髪に関して言えば、「◯◯昆布、海藻で染める」というような触れ込みのものは、髪の毛が緑になるよって美容師さんに言われたことがあります。

美容師さんのところにそういったものを自分で使用していて「髪が緑になっちゃった!」と言ってくるお客さんがたまにいるそうです。だけど、これ、他ので染めてもなんだか緑色が消えないとかでやっかいだと言ってたんです。

実際、私の母はなんとか昆布の髪が自然に染まるトリートメントとかいうのを使用していたとき、なんだか髪が緑色になっていて、びっくりしました。すぐに使うのをやめるようにアドバイスしました。
モノによるのかもしれませんが、美容師さんの言うことは間違いなかったようです。

海藻類にはミネラルなども含まれているので実際食べれば髪にいいのかもしれませんが、白髪は海藻類ではあまり大きな効果は期待できないようです。

さいごに

悩みがあると、それを解決できる成分は何か?

それが摂れる食品は何か?と考えて、それがいいとなるとそればっかり偏って食べてみる、テレビで「◯◯が髪にいい」と言っていたから買ってみた、ということを繰り返しがちですが、白髪に限っては残念ながらそういった食品はいまのところないようですね。

ですが、栄養の偏りで白髪が増えるというのは、充分に考えられることで、当たり前のようですが、食事バランス、栄養バランスは大事ですね。

白髪は年齢で仕方がないと諦めてしまうまえに、髪の毛や髪の毛の複雑な機能を上手に働かせるよう、頭皮環境を整える努力をしても遅くはないのではないでしょうか。

栄養を摂るように気を付けたら、白髪の途中から黒くなった毛髪を発見した!なんていう方もいるくらいです。

栄養バランスを整えて悪いことは何もないので、年齢とともに、改めて体のことを考えるというのも悪くないですよね。