ボリュームの多かった私の髪、30代で頭頂部がペタンコに

【体験談】薄毛・抜け毛

30代後半になり、20代の頃にはなかった髪の悩みがあります。
それは頭頂部のボリュームがなくなってきているということです。
20代までは、むしろボリュームを抑えるためにオイルを使ったりもしていました。全体の髪の量が多いため、自らボリュームを出そうと悩んだことはなかったのです。

30歳を過ぎた頃から少しずつ髪質が変わってきたという実感がありました。
まず最初に気づいたのが髪のコシがなくなっていることです。硬かった髪もいつしかふにゃふにゃでセットしにくくなっていました。そのため頭頂部をふんわりさせるのもなかなか難しい状態になりました。

この頃から、それまでは気にならなかった頭皮の乾燥がひどくなり、その乾燥によるものなのか、フケの症状も出始めました。頭皮の状態から良くないというのは、髪にもなんらかの影響が出ても不思議ではありません。

女性ホルモンの変化なのか、生活を見直す必要があるのか、原因はよくわかりませんが、こうした髪や頭皮の変化に悩んでいました。頭頂部にボリュームがないことは、老けて見えるうえに何日も髪を洗っていないような不潔な頭にも見えるからです。鏡で見るたびに自分でとても気になっていました。

若々しい頭頂部を少しでも復活させるために、ドライヤーの使い方から変えてみました。
髪のボリュームを抑えることに一生懸命だった頃は、なるべく押さえつけるように、またそれまでは早く髪を乾かそうと毛先中心に乾かしていました。今度は逆に、頭頂部を持ち上げるようにふんわりと指でかき上げながら乾かすやり方に変えてみたのです。美容室でブローされる時のやり方をイメージしています。

髪の量が多くて気になっていた頃ならこの乾かし方は決してやっていないと思いますが、髪の変化とともに乾かし方も変化させる必要があると思いついたのは正解でした。この乾かし方でかなり改善したのです。分け目も勝手に分かれてしまうぺたっとした頭頂部がふわと上がるようになり、後ろは特にボリュームが出せるようになりました。

また、乾燥していた頭皮も、きちんと地肌まで乾かすようにしたら、少しずつ治まってきたようです。まだ少しフケが気になることもありますが。

頭皮の状態もあまり良くないので今は髪を染めていないのですが、黒髪の場合は特に頭頂部にボリュームがないと貧相に見える気がします。何も気にしていない女子力の低い女性に見えることは、自分のテンションだけではなく印象を悪くして人付き合いに影響を与えるかもしれません。

頭頂部のボリュームが少し改善されてからは、より乾かしやすく全体のボリュームも出るように髪を短く切りました。そうすることでますます髪を持ち上げる乾かし方が楽になり、ロングでがんばっていた時よりもボリュームアップできていると思います。外出が気乗りしない時期もありましたが、最近は帽子で隠さなくても気にならなくなりました。

今後まだ気になるようならシャンプーを変えることも考えています。
頭頂部のボリュームの悩みは男性特有のものだと思っていました。髪質もたった10年で、しかもまだ30代なのにここまで変るなんて思っていもいなかったのでただただ驚いています。歳だからとあきらめるのではなく、からだの変化(特に目立つ部分)にはしっかり向き合ってケアしていきたいです。
いくつになっても女性らしくありたい、それを忘れないことが若さの秘訣だと思っています。

【おすすめ関連記事】

女性ホルモンと髪の毛の関係、抜け毛の原因にもなるってホント?

頭皮の乾燥、髪を守る食事、栄養効果とは

女性の冷えの原因、頭皮改善のためにも試したい基本的な4つの方法