頭皮にかさぶたのようなフケ、これって何?原因と対策は?

頭皮トラブル
みお
みお

かさぶたみたいな大きなフケが!!

りこ
りこ

それは頭皮の異常事態かも。。。

頭皮から、かさぶた状のフケが出る、こんな時は、頭皮がどんな状態になっているのでしょうか。
フケには、乾燥で出るものもあれば、逆に皮脂が多くて出るケースもあります。

このそもそもの原因を見誤ると、ケアも全く違ったものになってしまいますよね。

そこで今回は、頭皮にかさぶたのようなフケが出るのはどんなケースなのか、どんな状態なのか、原因やお手入れ方法についてご紹介します。

頭皮にかさぶたのようなフケ、これってどんな状態?

「頭皮のフケが少し湿ってる」
「大きめのフケが出る」
「かさぶたみたいのが剥がれる」

皮脂が多すぎて頭皮が炎症を起こしていると、こうしたフケが出ることがあります。

頭皮の毛穴ひとつひとつについている皮脂腺というのがあって、これらは頭皮の潤いを保つために皮脂を分泌します。この分泌された皮脂と汗や皮膚に住んでいる常駐菌が混じり合って皮脂膜というのを作り、髪の毛を保護しているのです。

皮脂って、頭皮にも髪の毛にもかなり大事な役割をしているんですよね。

ところが、この皮脂が過剰に分泌されたり、清潔に保たれなかったりと皮脂の多い環境が続くと、皮脂が頭皮の毛穴に詰まってしまいます。

なかには皮脂が多くて出ているフケなのに、フケが出るのは乾燥しているからだと思いこんで、間違ったお手入れをしているという方もいます。

結果として毛穴が詰まると、雑菌が増殖したり、臭いを発したり、頭皮環境が非常に悪くなり、炎症を起こしやすくなります。

皮脂が過剰で頭皮が炎症を起こすと、脂漏性皮膚炎などにつながることもあり、こうしたことで、頭皮が荒れて大量の、大きめのフケやかさぶた状のものが出るようになります。この場合は皮膚科で診てもらうのがいちばん、自然治癒が困難な皮膚病です。

こうして出るフケは、ちょっと湿っぽくて大きめのかたまりで落ちるのが特長です。大きめのフケ状のものが、頭皮にベタッとかさぶたのように張り付くこともあります。

頭皮が大きく剥がれるタイプのフケは、まだ皮膚になりきれていない未熟な層まで傷ついて剥がれているということ。

そんな頭皮の緊急事態をなんとかしようと皮膚のバリア機能が働いて、さらに皮脂を分泌しようとします。

この時の頭皮の状態は、こうして悪循環を生み出しやすく、ひとたび悪化してしまうと改善するのもなかなか簡単にはいかないのです。

皮脂が多くてフケは薄毛や抜け毛の危険あり

皮脂が多すぎて頭皮からかさぶたのようなフケが出る場合は、頭皮の毛髪を育てる環境もかなり悪くなっています。

血流が悪くなり、髪にしっかりと栄養が行き渡らずに健康な髪の毛を作り出す体力も無くなってしまいます。

健康な頭皮からは、髪の毛の生え変わり時期も安定していて、抜けてもまた新しい髪の毛が生えてくるのですが、頭皮の血行が悪く、皮脂が過剰な状態だったり悪い状態が続けば、まだ抜けるはずのない髪の毛が早めに抜けてしまったり、生えてくるはずの髪の毛が生えてこなくなったりするのです。

頭皮の健康は元気な髪の毛が生えてくるためにも大切に守っていかないとあとで大きく後悔することになりそうです。

頭皮の皮脂が多く分泌されるのはなぜ?

バリア機能が働いて、皮脂が大量に分泌されるということもありますが、そもそも脂性という方もいますよね。遺伝とか。

そうした方は普段のお食事の内容などを考えてみましょう。

また、体の巡りが悪いなんてことはありませんか?もしかしたら、血液がドロドロかも。

毎日食べるものから得られる栄養素というのは、とても大事ですよね。たんぱく質、アミノ酸、ビタミン、ミネラル、食物繊維などなど、いろいろな栄養素をバランス良く摂取してはじめて体の健康が保てます。

ビタミン不足とか、アミノ酸が足りていない、ミネラルってなに?っていうような生活をしていると、体もお肌も健康な状態に保つことは難しいですよね。ビタミンやアミノ酸、ミネラルがあってこそ、健康な皮膚や髪が生まれてくることができるんです。

ひとたびこうしたバランスが崩れると、体は正常な機能として「悪い環境」を改善するように機能を働かせてくれます。ここで、栄養不足で荒れ果てた頭皮をなんとかしようと、皮脂が過剰に分泌されるということが起こってしまうわけです。

食生活の他に、睡眠不足や過剰なストレスなども要因のひとつとして考えられます。

皮脂が多い場合の頭皮のお手入れ

皮脂が多めと感じるならば、早めに対策をして過剰な皮脂のある状態を改善する必要があります。

皮脂を完全に除去するのも頭皮に悪いし、過剰なのも良くありません。適度な皮脂をキープするにはやはり日々のお手入れの仕方が重要ですよね。

まず、あなたの日頃のお手入れはどんなふうにしていますか?

お手入が雑でも、逆にあまりに丁寧過ぎたり洗いすぎたりしても皮脂を過剰に呼び出す原因となることがあります。その時々の頭皮環境をみて、適宜回数や頻度を調節してあげるなど対処が必要です。

個々に頭皮状態は違うので、どれくらいの加減でシャンプーなどのお手入れをしたらいいかわからない、どんなシャンプーがいいのかわかならない、というときは、一度専門家に相談してみるのもいいでしょう。

皮膚科の先生や、美容師さん、スカルプ専用のサロンなんかもあります。

頭皮の毛穴が詰まった状態は、なかなか普段のケアで取り除くことができません。脂の分泌が多いと感じる方は定期的にプロによるお手入れを受けるのも健康な髪の毛を維持するためにも必要ではないでしょうか。

自分でのお手入れをする時も、爪やブラシでゴシゴシ、なんていうケアは禁物です。さらに頭皮を悪化させてしまうので、避けましょう。

 

まとめ

フケは乾燥だけでなく、皮脂が多くて出るものもあります。

皮脂が多くて発生するフケは乾燥した頭皮から落ちるフケと違い、湿り気があって大きめの皮膚片のかたまりであることが多いです。

これを「乾燥するからフケが出る」と勘違いして悪化させてしまうケースもあるので、要注意です。

脂漏性皮膚炎になってしまっている場合もあり、これは病院での治療が必要です。この症状が悪化すると、女性でも抜け毛や薄毛につながってしまうこともあります。

こうした症状がある場合、気を付けたいのは特に食生活。ストレスや寝不足も良くありません。

こうしたことが改善できなければ、周りからアプローチしてもなかなか症状が良くなることにつながりません。

健康的な生活が送れるようになれば、いくらかでも改善していくでしょう。

また、あなたの日々のお手入れが間違っていないか、皮脂を過剰に分泌する結果を招いていないかなど、専門家に相談して改善策を見つけるのもひとつの方法です。

頭皮の油、女だって悩んでる!皮脂の改善とシャンプー選びどうしたらいい?
男性だけでなく、女性だって頭皮の油や皮脂に悩むことってありますよね。 頭皮は性別に関係なく、皮脂腺が多く、あのテカテカになりやすい鼻の頭よりさらに2倍もテカリやすい部分なんです。もうゾッとしっちゃいますよね。皮脂が多くなると臭いだ...