40年来の冷え性を克服、今年の冬は快適にすごしています!

【体験談】冷え性

42才になった私ですが、今年は冷え症も解消されてとても快適に生活しています。
今思えば小学校の低学年の頃から冷え症だったのかもしれません。
その頃からつい先日、41才までは、毎年冬には足がしもやけになり悩まされていました。

しもやけは、暖まると痒くて痒くて堪らなくつらいです。
私の場合、特に手足の冷えが酷くて、お風呂上がりでもいちど手足が冷たくなり始めると、そこからは暖まらずに寝つけない事も度々ありました。

基礎体温も35℃代の低温だったので、余計に冷え症に拍車がかかったのかもしれません。
気温が下がると手足が氷のように冷たくなり、どんどんと手足の感覚がなくなりしびれる程で、とても辛かったです。
原因としては、低体温とリンパの流れが良くなかったんじゃないでしょうか。

20代から30代にかけて、タバコも1日1箱吸っていたので、血流も悪かったと思います。それに若い頃は、冷え症よりもファッションが優先だったので、どれだけ体が冷えきっていても、ミニスカートで素足でいたり、ノースリーブを着たりしてとにかくおしゃれ!冷えたって関係ない!と思っていましたが、今思えば明らかに間違った考え方だったと思います。

ですが、40才頃から冷え症がどんどんと改善されていきました。
私は、40才に高齢出産で子供を産みました。高齢出産ということで、出産い備え、日頃からウォーキングや股関節の運動をかかさず行うようになったのです。

妊娠すると、体温があがるので基礎体温が36.5度前後、心身ともにとても健康的な状態になっていると感じることもできました。
こうして出産を期に冷え症が改善されていきました。

妊娠中のウォーキングと股関節運動が、リンパ腺の流れを良くしたみたいで、基礎体温もそのまま36度代でキープして、手足の冷えも妊娠前に比べてかなり症状が軽減されていきました。
更に、産後エクササイズで始めた大腰筋を動かす運動も、とても効果があったようです。
脚の付け根を動かす運動なので、リンパ腺にもとても効いたみたいです。

長座をして脚を前後に動かしたり、脚の付け根を伸ばしたりして運動するのですが、運動の後は手足の先まで暖かくなっているので、かなり効果はあるんでしょうね。
そして42才になった今年は、有り難い事にしもやけになっていないんです!これまで行きてきて、初めてのことです!
40年来悩まされ続けてきた、しもやけにならないなんて、私にとってはすごい驚きであり、こんなに嬉しい事はありません。

今までに冷え症対策として、ツボ押しをしたり足先からのリンパマッサージや腸揉みなどもやってみましたが、あまり効果を得られずにいましたが、嘘みたいですが、妊娠出産からの大腰筋運動が冷え症を改善してくれました。

今年の冬は、嬉しい事に氷の様になるまでの手足の冷えもなく、しもやけにもならずにとても幸せです。大袈裟ではなく、本当にこんな日が来るとは思っていませんでした。そのお陰か、毎年扁桃腺で悩まされていましたが、最近は一度もなっていません。冷え症を改善することによって免疫力も上がるんでしょうね。
今後も元に戻らないように、ウォーキングと大腰筋運動は続けていきたいと思っています。

【おすすめ関連記事】

女性の冷えの原因、頭皮改善のためにも試したい基本的な4つの方法

頭皮の血流を良くするには?あなたの頭皮の色はどんな色?原因と対策

頭皮のお手入れ、女性の薄毛対応策、育毛剤の前に考えるべきはここ!早めの対策で回避せよ!