頭皮のフケとシャンプー選びの大間違い?!それ 正反対かも?!

頭皮トラブル

頭皮のフケが出る原因はひとつではありません。
頭皮の環境はひとそれぞれ、乾燥だったり、脂性だったり、フケが出る環境も違うものです。
あなたのフケがどのタイプかによって、シャンプーの選び方もまったく違ってくる可能性があります。

まずは頭皮とフケの関係、どんな状態でフケが出るのかを知り、その状態に適したシャンプの選び方、使い方、使用頻度、その他の対処法などについてご紹介します。

頭皮とフケの関係

実は誰でも頭皮からはフケが出ています。
お肌も垢がでますよね。でも、実際はあまり目に見えることがありません。頭皮も同じで、正常な状態で出ているものは人の目につくことはほとんどありません。

ですが、頭皮に「フケ」と認識されるほどのサイズで出てくることがあります。これは、何か原因があって、垢となって落ちるものが大量に発生しているということ。

・大きなフケは、油っぽい頭皮から出るもの
・細かいフケが多く出るのは、乾燥した頭皮

同じフケといってもこのような違いがあります。

大きなフケが出るということは、それだけ皮膚が大きく傷ついているということです。落ちるはずのない組織まで落ちている可能性があります。
なぜこのようなことが起きるかというと、皮脂が多すぎて、その皮脂が大好きなマラセチアなどの真菌が頭皮で異常繁殖します。
マラセチアなどの真菌はもともと頭皮にいるのですが、異常繁殖すると頭皮を刺激するようになります。

この真菌は、普段は頭皮や髪を守ってくれる皮脂膜の材料にもなっているのですが、増えすぎはNGなんですね。

そして、頭皮のターンオーバーが過剰になり、正常なときより大量に角質細胞が剥がれ落ちてきてしまいます。これが脂っぽいフケの正体です。

細かなフケは、乾燥で粉をふいた状態とでもいいますか、乾燥した角質がパラパラと落ちている状態。洗えば洗うほど、乾燥すればするほど落ちてきます。

頭皮のフケ、シャンプー選びは?

このように、フケと言ってもタイプがあり、それぞれ原因が全く違うので、フケ対策としてのシャンプー選びも全く逆のものを選ぶことになるのです。

皮脂が多いことが原因となっているのであれば、皮脂を除去するシャンプー、乾燥なら、乾燥をくいとめるためのシャンプーを選ぶことになります。

自己判断でシャンプー選びを間違えると悪化してしまうので、フケがひどい時は、あなたの本当の頭皮状態を皮膚科など専門家に診てもらうのが良いでしょう。

どちらも頭皮の状態はかなり悪化していることも考えられるので、シャンプー選びはお肌状態も考えて刺激の強い薬品などには注意しましょう。

頭皮のフケが気になる時のシャンプー回数

女性に多いのが、乾燥していることで出てくるフケですね。
洗いすぎによるものなので、回数を減らしましょう。
フケが大量に出てくるほど乾燥しているのに、毎日洗浄力の強いフケ用シャンプーで洗浄していたら、刺激が強すぎます。

刺激の少ないシャンプーで、1日おきに使うなど乾燥具合に応じて調節しましょう。

皮脂が多い場合は、1日1回はきちんと染髪すること。
それまでの習慣などからも考えて、皮脂が過剰な状態を改善しましょう。脂漏性皮膚炎などで頭皮状態が悪くなっていても、やはり頭皮を清潔にすることも大事です。

髪の毛が抜けそうだからと、洗浄を怠って、ますます悪化させてしまうケースもあります。
頭皮の状態によってこのようにケア方法も変わってきますので、自己判断しないということが大事ですね。

頭皮のフケ、年齢による対処も必要

頭皮のフケが出る環境には皮脂が多い状態と乾燥した状態がありますが、これは男性と女性の性別による違いだったり、個人の体質などによる違いだったりしますよね。
でも、これ、年齢によっての変化も大きいんです。

思春期の頃などは、皮脂の分泌も盛んで、頭皮の状態も脂っぽくなりがちです。
ですが、その時のケア方法でそのまま20代、30代と継続していけば、やがて乾燥を招くことになります。

若い頃に比べれば、当然ながら皮脂の分泌量も減少するし、セラミドやコラーゲンなど、保湿効果のある成分も減少し、お肌を守る機能も低下してきます。

年齢に合った、その時々の皮膚のコンディションで、シャンプーやお手入れ方法を選んであげることも大切なんです。

そのためには、普段から、頭皮や髪の毛の状態を少しだけ気にしてあげるておくことが必要です。
頭皮には目が行き届きにくいので、ケアなんて考えたことがないという方も多いものです。

でも、何かあってから気にしたのではちょっと遅いかもしれません。
普段から頭皮や髪の毛の健康も意識して、丈夫な頭皮、健康な髪を守っていきたいですね。

まとめ

頭皮のフケには、脂っぽくて出るフケと乾燥で出るフケがあります。このふたつは、当然ながらケア方法も違います。
大量にフケが発生するのは、異常なことですから、ひどい時は皮膚科を受診するのがベストです。

自分の頭皮の状態がわかったら、それに合ったシャンプーやケア方法で頭皮を労ってあげましょう。
シャンプーの回数や間隔なども大事です。

また、あなたの頭皮も、年齢に応じて頭皮や髪の毛の状態も変わってきますので、日々その時の状態を観察しながら、適切なケアを選択しましょう。
頭皮が健康になると、髪の毛の状態も良くなります。

頭皮の乾燥とフケかゆみ、あなたの頭皮はこんな状態
フケが悩みのタネ、今の、あなたの頭皮の状態はどうなっていますか? フケが出るというのは、女性としてなんとも避けたいことの一つですよね。 どんなにお洒落をしても、肩や背中にフケがパラパラと、というのでは美しさも半減どころかドン引きされてし...