冷え性改善で活動的に!冷えには自分に合った改善方法で継続がカギ

【体験談】冷え性

私は現在50歳、以前はかなりの冷え性でした。今ではだいぶ改善されましたが、それでも少し冷えやすい体質です。夏場は自分だけならエアコンはほとんどつけませんが、家族がいるとそうもいかず、以前はエアコンで冷えて、関節痛や頭痛になったりしました。

冬は、足先がとても冷えるので、毎年しもやけがすごかったです。冬はワンサイズ大きめの靴を用意してました。いつも履く靴が、しもやけで入らなくなるほど、足先が腫れてしまうのです。しもやけがひどくなると、かゆいだけでなく立ち上がったり歩くのも痛くて常に辛い思いをしていました。

こんな冷え性をなんとかしたいといつも思っていました。
やはり血流が悪いから、こんな風にひどいしもやけになると考え、ウォーキングなどを始めることにしたのです。でもその前に自分自信の歩き方を見直すことにしました。私はどうやらかかとで歩いているらしく、その歩き方はあまり良くないようです。

そこで足裏全体を使って、それもなるべく早足で歩くように意識しました。足の裏全体を使って歩くことによって、全身に血液が流れる感じがしました。
また、太もも、ふくらはぎなど、下半身の筋肉を鍛えると、血流がよくなると聞いて、四股を踏んでみたり、スクワットにもチャレンジし、ふくらはぎのマッサージも追加しました。

下半身の筋肉を鍛えるようしたら、かなり体がしっかりしてきて、血流やリンパの流れもよくなったのか、まず最初にむくみがなくなりました。
下半身を意識して鍛えるようになったら、その他のことでも今までより活発に動くようになり、以前のようなひどい冷えをあまり感じなくなったのです。

日頃、冷えに対して気をつけていることは、下半身に筋肉をつけることが一番なのですが、食事も気をつけるようにしてました。根菜類のものを多めに摂るようにしたり、夏でもあまり冷たいものを食べない、飲まないようにしたのです。よく冷えには生姜がいいといいますが、私の場合はあまり好みではなく、毎日続けるのは辛かったです。

そこで、クエン酸をなるべく多くとるようにしました。クエン酸には、疲労物質を取ってくれたり、血液をサラサラにしてくれる効果があるのです。血液がサラサラになると血流が良くなるので、結果的に冷えを改善してくれるとか。

実際、クエン酸をとるとなんだか体の中から元気になる気がします。レモンが一番クエン酸を多く含んでいると聞き、レモネードにして飲んだり、レモンの砂糖漬けを作っておいて、紅茶を飲むときに入れるなどクエン酸を多く摂れるように工夫しました。

これは、生姜と違い、飽きることなく続けることができました。市販のレモン果汁でもよいというので、生のレモンが手に入らないときや面倒なときはこれで代用してました。クエン酸は熱にも強いので温かい飲み物でも良いのも助かりました。こういった手軽さと自分の好みで飽きないということが良かったと思います。

冷え対策はいろいろありますが、個々に自分に合った冷え対策というのがあると思います。
私は、生姜はダメでした。でもレモンなら大丈夫、口に合って、元気が出ました。筋肉トレーニングはできたけど、炭酸入浴はお値段的にも続きませんでした。
こんな風に、自分自信で続けられるもの、続けやすいものを探しながら毎日無理なく冷え対策として継続できるものがいいと思います。

これらのことに挑戦して、私のひどい冷え性はかな改善されました。冬でもしもやけができることはほとんどなくなり、気にすることもなくなりました。完全に冷えが治ったとまでは言えませんが、いつも寒がっていたのに、それがなくなったので、肩こり、頭痛なども改善しています。

おかげで今では体を動かすことが心地よく、好きになってきました。
今後、さらに冷え対策として、ヨガやピラティスなどにチャレンジしていきたいと考えています。

冷え性といっても、その原因や体質など個人差があると思います。
冷えは病院では診断してもらえないような様々な症状を引き起こすこともあると私は実感しています。
関節痛や、肌荒れ、消化不良、便秘、不妊、睡眠不足、精神的なところまでです。

体が温かくなれば、性格も変わると思ってます。実際私は運動するようになってから、冷えも改善し、そして前向きになり楽しい生活ができるようになりました。
冷えは心身ともにダメにするだけだと今では思っています。
だから私は日々、自分にあった方法でこれからもまだまだ冷え対策をしていこうと思ってます。

【おすすめ関連記事】

女性の冷えの原因、頭皮改善のためにも試したい基本的な4つの方法

頭皮の血流を良くするには?あなたの頭皮の色はどんな色?原因と対策

頭皮のお手入れ、女性の薄毛対応策、育毛剤の前に考えるべきはここ!早めの対策で回避せよ!