石鹸でシャンプー、メリットとデメリット、実際に使った使用感は

【体験談】ヘアケア

私はずいぶん前から頭皮の荒れに悩んでいました。
フケが出たり、赤い湿疹などが出てしまうのです。
そこで、シャンプーも変えてみたりしましたが、どれも合っていないのか良くなることはありませんでした。そんな時に出会ったのが石鹸シャンプーです。

石鹸シャンプーは自然で肌にも髪にいいと聞いたので、これならフケや湿疹に効果が出るかも!と早速試してみることにしました。
石鹸シャンプーには液体のタイプと固形石鹸タイプがありましたが、
私は値段や取り込みやすさから、固形タイプの石鹸を使うことにしました。

液体シャンプーの場合は通常のシャンプーと同じように使用することができます。
より混ぜものの無いほうを試してみたいと思って、私は固形石鹸にしてみましたが、これにはちゃんと手順があります。

まず髪に石鹸を塗りつけます。
普通のシャンプーのようには泡立ちはしません。比較するとだいぶ差があります。
石鹸の場合はしっとりとしていて、あまり泡立ちません。
泡立つほうがお好みの場合は、泡立てネットなどをつかって泡状にしてから、髪にのせるといいと思います。

石鹸でシャンプーをしたあとはかなりキシキシと髪がキシみます。
そこで、酸性の酢や、レモン汁などを溶かした水を髪にかけます。
これがリンスの代わりとなります。
私は酢を頭にかけるのには抵抗があったので、レモン汁を使うことにしました。
レモン汁を大匙4杯ほどタライに入れて、水でのばして髪になじませて最後にざばっとかけてしまいます。

そうすることで、髪のキシキシ感がとれてきれいになります。
最初のうちはキシキシした感じが取れないな、と思いますが、慣れてくればきれいに仕上がります。

私の感じた石鹸シャンプーのメリットはやはり素材が安心ということ。石鹸も選べば髪が洗える石鹸もあります。
なんといっても皮膚はすべてつながっているという話を聞いて、頭皮も同じだよなあと納得したところです。

いろんな香料が入っていたりすると、私の場合はすぐフケが出てしまうので、シャンプーをかえては、試しを繰り返していたので新しいところからの発見となりました。
私の場合、頭皮にはすごく良かったようで、赤い湿疹などができなくなりました。

デメリットとしては、管理が大変なことです。
リンス代わりに欠かせないレモン汁も生ものですから、浴室においておくと腐ります。
ビンのまま、浴室に置いておいたところ、腐らせてしまいました。
また、石鹸もしっかり管理をしないと溶け出してしまうのもデメリットでした。

そして、最大のデメリットは頭皮にはよくても、髪には悪い部分です。
頭皮はとてもきれいに洗いあがるのですが、髪にツヤを出すとか、ハリを出すとかいう点では、髪がむしろゴワゴワになり、状態が悪くなってしまいました。またサラサラのレモン水なので、しっかり髪全体につけられずに、キシみが気になることもありました。

私がつかってみた石鹸はどこでもすぐ手にはいる牛乳石鹸とレモン汁でした。
湿疹などで普通のシャンプーが合わない時などであればいいと思いますが、残念ながら、傷んだ髪のケアを考えるなら、石鹸シャンプーでは難しいのかもしれません。

【おすすめ関連記事】

シャンプーの表示成分、硫酸はだめ?安全 おすすめなのは?

頭皮の乾燥とフケかゆみ、あなたの頭皮はこんな状態

髪の傷みをケアするシャンプー、ノンシリコンを選んで大丈夫?