頭皮の乾燥、髪を守る食事、栄養効果とは

頭皮トラブル

頭皮の乾燥、気になりますか?

髪の毛の悩み、頭皮の悩みというと、ほとんどの方がヘアケア製品だけでなんとかしようと考えるのではないでしょうか。

頭皮が乾燥したり、髪にハリやコシがない、髪が細い、フケが出る、頭皮がべたつく、などなど、髪や頭皮の悩みって直接自分で見るのが難しいし、なかなか改善しにくい困ったポイントでもありますよね。

こうしたとき様々なヘアケア製品が目につくようになり、効果を試したくなるものですよね。

実際、ヘアケア製品を別のものに変えたり、方法を変えることで改善するケースがあるのも事実。

だけど、その前に何か忘れていませんか?

頭皮の乾燥に、髪の毛に良い生活とは

「頭皮が乾燥して、髪の毛も元気がない」

こんなとき、皮膚や体調にもトラブルがありませんか?

例えば、「体や顔などの皮膚も乾燥しがちで痒い」とか。

これで、髪の毛や頭皮にもトラブルがあるのであれば、あなたの食生活や生活習慣も見直してみる必要があるはずです。

人間の体は、体内で作られる栄養素の他、食品などで口から摂取しなくてはいけない栄養素もたくさんあります。

その中でも必須アミノ酸などは、食事から摂取しなければならず、それが不足すると、皮膚や髪の毛などの他、筋肉などにも悪影響を及ぼします。

必須アミノ酸は、肉、魚介類、豆製品、乳製品、野菜などに含まれています。

だから、いろいろな食品をバランス良く食べることって体にはもちろん、皮膚や髪にもとっても大事なんです。

皮膚や髪が健康に成長するには、タンパク質が必要です。

髪の毛の成分である「ケラチン」も、タンパク質の一種。そのタンパク質を体内で生成するのに、アミノ酸が欠かせません。

また、体内の栄養を有効に活用するためには睡眠や休養も大切です。これらが不足するとストレスにもつながるので、できるだけ体を休める工夫も必要ですね。

体を休めるためには、日中に太陽の下で運動したり活動することも必要ですよね。

朝起きて、日中は陽の光を浴びて、夜は暗くなったら寝る、こうした規則正しい生活が健康維持のためにも大切なんです。

偏った食事、生活習慣、あなたは大丈夫ですか?

こうしたことを踏まえて、まずは自分の食生活を見直してみましょう。

ある方は、つねにあちこち乾燥していて、気付いたら抜け毛もあり、顔も体も、そして頭皮もカサカサ、というお悩みを抱えていました。

この方、聞いてみると、いつも仕事が忙しいので、食事は適当に栄養バランスなど一切気にせず、菓子パンや惣菜パンなどで済ましていたと言います。

こうした食生活をしていると、たんぱく質や野菜がほとんど摂れないことがわかります。

ここに毎食野菜を摂ったり、良質のタンパク質を意識していたら、皮膚や毛髪の状態も変わります。実際に皮膚や髪を作り出す栄養素が不足して、そうしたトラブルが生まれるのです。

皮膚や髪の毛の元になる成分を摂取しないで、健康な状態を保てるはずもありませんよね。

そうしたことを見直さずにヘアケア製品だけをあれこれ変えてみても、大きな変化は起きないか、もしくはさらに悪化してしまう可能性さえあります。

また別の方では、若い頃から喫煙を続けており、食生活でもビタミン不足。

そんな方が年齢を重ねるごとにシミが増えてきたとシミ対策クリームやシミ対策のサプリなどを一生懸命使っていますが、なかなか改善されません。

そもそも、ビタミン不足という状態に加えて、たばこのニコチンは、ビタミンCを破壊することでも知られています。

そのタバコを日々何本も吸い続けることで、シミを抑える機能を自ら抑制、壊してしまっているんです。

これを継続しながらいくら高いお金をかけて外側からケアしても全くと言っていいほど結果につながらないわけです。
日々の食生活にはそこそこ気を付けているけど、大量の飲酒や暴飲暴食、だらだらと食べ続ける間食などもいいことはありません。

せっかく摂取した栄養素を無駄に使うことになってしまい、悪影響を及ぼします。食事で摂取したものというのは、あなたの内臓でその栄養素を利用しながら分解・生成されていくので、いつも食べていれば、体は常に働き続けなければならなくなり、疲弊してしまいます。

こんな風に食生活での悪習慣に心当たりがあるなら、見直しのチャンスですね。

野菜や果物、肉、魚、豆類、などなど、こうした食事の中からあなたが日々摂れているものはなんなのか、

どういった栄養素が含まれているものを日々口にしているのか、その傾向を知ることから始めても良さそうですね。

頭皮や髪の毛に限らず、自分の食事の偏りを知ることで、あなたのその悩みの原因が見えてくるのではないでしょうか。

栄養の偏りがもたらす影響とは

栄養が偏り、からだの機能がうまく回らなくなると、メンテナンスをしていなかった自転車みたいに、あちこちサビが出てきて、全てのバランスを崩してしまうようになります。

食生活のバランスが悪い、喫煙、ストレス、食品添加物などによって体内の活性酸素が増えてしまいます。

活性酸素は老化を促進するもの。

元々体内にあるものなのですが、適量でなく、増加してしまうと細胞レベルでダメージを与えてしまうやっかいな存在なんです。

このダメージにより、お肌トラブルが生まれやすくなります。

細胞レベルで老化を促進してしまうなんて恐ろしいですよね。

あなたのその栄養の偏り、適当な食生活、もし気になるなら改善する方法をまずは探してみませんか。

ダイエットによる影響

食事が普段から偏っているという方もいますが、特にダイエット中だから、◯◯しか食べない、◯◯は食べない、など極端に偏ったダイエット法などを選ぶと、皮膚がしわしわ、せっかく痩せてもすっかり老け込んだ、なんていう結果になることも。

必須アミノ酸のように、人間には生きる上で絶対に欠かせない大切な栄養素というのがあります。

そうした栄養素などを理解した上で、最低限必要な栄養素を摂取しながらのダイエットでなければ、継続も難しいですし、リバウンドなどの逆に怖い結果を招くことになりかねません。

せっかく痩せたけど、皮膚や爪はボロボロ、髪はバサバサで抜け落ちる、なんてことになったら、ダイエットどころではありません。

皮膚と頭皮と食生活

頭皮の乾燥の悩みとダイエット、関係ないでしょ?なんて思っていたあなたは、もう少し体のことを勉強したほうが良さそうです。

あなたの体も皮膚も髪の毛も、爪だって、あなたの食生活、あなたの生活習慣の中で作られています。生活の中で受けたダメージを受け止め、そのダメージを修復する力も持っているのが人間の体。

ですが、そうした正常な働きを発揮できるのは、健康な状態でのはなしですよね。

残念ながら加齢によっても、徐々にそうした機能が弱まってきたり、生成機能も衰えてきてしまうもの。

特に体調が悪かったりすると、あちこちにボロボロとサビがでて、ついには修復も間に合わなくなり、正常な状態が保てなくなります。

皮膚と頭皮はつながっていて、同じ皮膚の一部。髪の毛だってそうです。頭皮の健康な状態があってこそ、髪の毛が生えて、抜けて、また健康な毛が生えてくるというサイクルを繰り返せるんです。

「頭皮や髪のトラブル」とそのポイントだけで見る前に、体全体に何が起きているのか、何が原因なのか、しっかりと自分で認識することも必要ですね。

畑の野菜を元気に育てるため、肥料をたっぷりとあげるように、あなたの体にも最低限必要な栄養素、たっぷり注いであげましょう。