頭皮のひどい乾燥とフケ、保湿とマッサージで生まれ変わりました

【体験談】頭皮トラブル
女性_困惑

30代後半から水分不足なのか、油分不足なのか、頭皮も乾燥しやすく空気が乾燥している冬になると頭皮がかゆくなりフケのように頭皮がはがれ落ちるのが気になるようになりました。
40代になるころには、元々髪の毛が細く量も少ないこともありますがますます細くなったり、毛先が痛みやすく切れ毛になったり毛先が乾燥して変色してしまうなど、悩みがなんだかひどくなっている感じがして、薄毛まで心配になってきました。

私は美容に関することが大好きなので肌のお手入れは毎日こまめに行っていましたが正直、髪の毛や頭皮のお手入れのことはあまり深く考えたことがありませんでした。そこで、少しでも薄毛を遠ざけるため、頭皮と髪の毛のケアに取り掛かることにしました。

美容サイトを中心に頭皮や髪の毛のことを調べていたら「シャンプーを流し足りない」、「市販のシャンプーで皮脂を落としすぎている」など、日頃のケアで乾燥させてしまっているケースも多いことを知りました。また、頭皮の汚れや脂が原因で頭皮がはがれやすくなることもあるのだとか。
他にもプラスチック製のヘアブラシを使うと静電気が起きやすく毛先が切れ毛になりやすいと書かれておりまさにこうしたことが自分の頭皮や髪の毛の悩みそのものでした。

このままでは髪にも頭皮にも良くないと思い、そうした対処法を参考にしていくつかケアを試してみることにしました。まずはシャンプー前のブラッシングと、シャンプーをしっかり流すこと。そして頭皮のかゆみやフケは、頭皮の水分不足による肌荒れのようなものだということで、頭皮への水分補給をすることにしました。そして、その後にオイルなどで保湿をしてあげるのです。この際にマッサージをするのも効果的ということでした。

ブラッシングをして、普段通りシャンプーやトリートメントをして、その後ドライヤーをする前に、頭皮の保湿ローションを塗りました。
そして、ヘアオイルを塗ります。お顔のケアと同様に、保湿してそれを閉じ込めるという方法です。これをするようになったら、頭皮がしっとりと潤っている感じで、ピリピリした痒みが治まりました。ドライヤーで乾かしても頭皮からフケ状にはがれることもなくいつもより艶のあるサラサラな髪の毛になりました。

こうしたケアをプラスするようになったら、頭皮の乾燥を感じることもなくなったので、やはり私の場合は水分や油分が不足していたのだと思います。
乾燥していると、なんだか洗顔後の顔みたいにいつも頭皮の突っ張りが感じられて、ついポリポリと頭をかきたくなります。こうした状態だと、髪の毛が丈夫に生えてくることもできなくなるようです。

ブラッシングについては、それまで長い間プラスチック製のヘアブラシしか使用したことがなかったのですが静電気や切れ毛防止のために美容サイトや口コミサイトで評判の良かった動物の毛のヘアケアブラシを購入しました。
ブラッシングは頭皮のマッサージ効果もあるということだったので、もっと積極的に取り入れてみようと思ったのです。

動物の毛とナイロンで作られているこのヘアブラシは髪の毛をとかすと同時に頭皮のマッサージもできるヘアブラシということです。実際に使用してみるとあまり力を入れなくても頭皮をマッサージすることができて、髪をとかしても静電気が起きにくく、快適です。動物の毛のブラシは、髪に艶も与えてくれるそうです。

頭皮の保湿を心がけ、マッサージとしてヘアブラシを使用しただけなのですが、私の頭皮や髪の毛の状態がかなり改善して私自身、とても驚きました。現在は冬でもフケが出たりかゆくなったりすることもなく髪にも艶が出て枝毛や切れ毛も減少して、毛先がバサバサとはねることも少なくなりました。

これまでないがしろにしてきた頭皮や髪の毛のケアですが、少し手を加えてあげると、驚くほど頭皮も髪も元気になります。
正しいケアって大事ですね。
動物の毛のブラシはプラスチック製のヘアブラシよりは割高ですが一度購入すれば長い期間使用できます。
ヘアローションやヘアオイルは、低刺激で、優しく頭皮に馴染むものを選ぶのがおすすめです。頭皮に塗るので、ホホバオイルなど、肌馴染みのよい、天然のオイルを使うとべたつかず心地よく保湿してくれます。これからも頭皮ケアやマッサージなど、丁寧にケアを継続していきます。

【おすすめ関連記事】

頭皮の保湿、乾燥の原因と対策は?ほったらかしは危険!

頭皮の乾燥とフケかゆみ、あなたの頭皮はこんな状態

40代の頭皮、シャンプー選び あなたのかゆみ、乾燥の原因はここにあり