美容院嫌いの私の白髪とのお付き合い方法、簡単楽チンな白髪染めないかなぁ

【体験談】白髪

初めて白髪に気付いたのは、30代前半ぐらいだったと思います。
何かの拍子にキラッと光る髪の毛を、子供が見つけてくれました。それからは、気が付いた時に子供に抜いて貰っていたんですが、あまり抜くのも良くないという話を聞いて、数本ならムキになることもないかと放置していました。

ずっとパートで仕事をしていたんですが、最初は内勤の工場勤めだったので、チラチラと混じる白髪もそんなに気には留めていませんでした。
恥ずかしながら独身の頃から美容院が苦手だったこともあり、髪の毛に対してそんなに心を砕いたことも無かったのです。

そんな状況のまま、40代になる頃には、額の辺りに固まって白髪が目立つようになってきました。
ですが、ちょうどその頃、職場を移って接客をするようになったのです。さすがに他人様の前に出るのに、白髪頭は不味いんじゃないかとは思いました。
でも、まだヘアカラーをするという選択肢はなくて、白髪部分が隠れるように、前髪を少し多めに前に垂らして誤魔化しながらすごしました。

そんな私が白髪染めを始めて使ったのは、40代中頃だったと思います。いい加減髪の毛で覆うだけじゃ隠しきれないほどに白髪がふえてきたので、意を決してドラッグストアーで白髪染めを買いました。

こんな無頓着な私ですので、メーカーなども特に拘りがなく、その時に安い物を買うという感じで選んでいます。
ただ、昔からあるチューブタイプの薬剤2種類を混ぜながら塗るというのだけは買ったことがありません。
とにかく面倒なことが嫌いなので、これだけでOKっていう1液タイプか、最初に混ぜてしまえるワンプッシュタイプのものを使うことが多いです。

2年ほど前にパートを止めて専業主婦になってからは、益々無頓着になって、一ヶ月半に一回ぐらいの頻度でやっていたヘアカラーの感覚も空いてくるようになりました。
定期的にヘアカラーをしなくなって気付いたのは、思っていたより白髪が増えていたことです。
こめかみ付近や耳の後ろ、頭頂部にまで白髪が目立っていました。自力での白髪染めだと生え際が染めにくいのでいつも気になっていました。

仕事を止めたし、そういえば一度で全部綺麗に染まらなくても良いんだということに気付いて、トリートメントタイプの白髪染めを使ってみることにしました。
毎日のトリートメントで白髪染めができてしまうなんて、便利じゃないか!ってめんどくさがり屋の私はすぐに飛びついたわけです。

ところがいざ使ってみると、これは私には物凄く不向きでした。
何が面倒かと言うと、まずある程度の色が付くまで毎日使わないといけないことです。
トリートメントのついでっていうのがウリではありますが、薬剤を付けたまま10分から20分置かなければならないっていうのが、それも当面毎日続くとなるとそれだけで私には辛かったです。
こういうのは、週に一回程度のリラックスタイムとしてとらえるからリフレッシュ出来るのだと思います。

それでも好みの色を探すのに、何種類かのトリートメントタイプを試してみたりもしましたのですが、やっぱり待ち時間が毎日20分か一ヶ月に一回かの差は大きいです。
でも、生え際の目立ち具合は気にはなるので、ヘアカラーとトリートメントタイプで一括管理みたいな白髪染めが出れば良いのにってずぼらな私は願うばかりです。

【おすすめ関連記事】

どうして白髪を抜くのはダメ?その髪の毛、もう生えてこないかも!

白髪染めは美容室?それとも自分で?違いはあるの?

白髪に効く食べ物、サプリにはどんな効果があるの?

ヘアカラーやヘアマニキュアの違い、あなたの白髪にいいのは?