頭皮と加齢臭、女性のシャンプー選び、オヤジ臭回避の対策は?

臭いトラブル

頭皮から加齢臭っぽい臭いがする、という女性の悩み、ほんとに困ってしまいますよね。
頭皮の臭いって、自分では全く認識が無くても、むしろ周りから気づかれやすいもので、他人事ではありません。
実際に、あなたは周りの方の頭皮からの臭い、気になったことはありませんか?

「あら、この人臭い!」なんて思われるのだけは、なんとしても避けたいですね。

女性は特に、日頃からいろいろお手入れをしている方も多く、シャンプー選びなどからそうした困った臭いの対策をしやすいもの。
今回は、頭皮の加齢臭について、また、加齢臭が気になるようになったら益々重要になってくるシャンプー選びやヘアケアについてご紹介します。
あなたのオヤジ臭、周りに気づかれる前に、早めの対策をしておきましょう。

女性も油断大敵!あなたの頭皮から加齢臭?

女性は男性に比べると、加齢臭の原因となるノネナールが少ないのですが、年とともに女性ホルモンが減少、女性でも40歳頃から加齢臭が発生してくると言われています。

ノネナールというのは、パルミトオレイン酸という脂肪酸が様々な皮膚の常在菌などの影響で酸化、あるいは分解することで発生します。

このパルミトオレイン酸というのは、悲しいかな、年とともに増加するのだそうです。おのずと、ノネナールも増加してしまのですね。

特に皮脂分泌が多い頭部や耳や首のうしろ、背中や脇、胸元などは臭いが発生しやすい場所。こうしたところは、特に清潔に保つように気を付けたいところ。
夏場など、汗を掻いて皮脂の量が増える時期は特に要注意ですね。

そうした時期は、制汗剤やシートタイプのデオドラントで汗をぬぐうなどの対策が有効ですが、なかでもこうした対策のできない頭皮はやっかいですね。

髪の毛が生えているし、日中に簡単にどうこうできる部分ではありません。40代といえば、それほど皮脂も分泌しなくなるはずなのに、そういったいらないところには皮脂が出てくるものですよね。

頭皮は、若い方でも臭いが出やすいところで、女性なら特にシャンプーの良い香りをさせたいところなのに、そこから加齢臭だなんて、ゾッとしちゃいますね。ですが、これは全く他人事ではないんです。

心配なのは、昔からのヘアケアそのままで生活しているという場合。

加齢臭が気になる年齢になったら、年齢に合わせて頭皮をいたわるヘアケアも考えたほうが良いでしょう。年齢を追うごとに、頭皮の血流や代謝も悪くなって、それまでの環境とはまた違ってきます。

なんだかかゆみが出てきたり、乾燥が出てきたり、今まで感じたことのないようなトラブルに遭遇する時期でもあります。さらに、白髪染めやパーマなどで頭皮もお疲れ気味ではありませんか?

頭皮の状態が悪いと、臭いが発生しやすい環境にもなりがちです。
加齢臭と諦めずに、まずは頭皮の環境を整えることが大事ですね。
よく顔で混合肌といいますが、これはどちらも潤いが不足している状態ともいいます。

たっぷりの水分が保たれているお肌というのは、潤いがあって、皮脂もバランスがよく、お肌のバリア機能も正しく働いて、とてもキレイですよね。

ですが、このバランスが崩れて皮脂が過剰になったり、水分が不足してカピカピに乾燥したりするのです。顔も頭皮環境も同じで、やはり潤いが適度な皮脂で守られているのが良い環境です。

頭皮の加齢臭、女性のシャンプー選びとヘアケア

加齢臭というと、男性向けの商品が多いですよね。
なかなか女性で「加齢臭対策」と書かれている商品を手に取りにくいというのもあるのでしょうか。

ですが、女性だって臭いに悩んでいる方は多いもの。
では、この頭皮の加齢臭対策として、女性はどういったシャンプーを選べば良いのでしょうか。

男性向けの商品というのは、皮脂を落とす作用が強すぎる傾向にあります。皮脂が本当に多いのであれば、そういったものを使う方法もありますが、女性の場合は、どちらかというと、洗いすぎ、皮脂の落としすぎという方のほうが多いのではないでしょうか?
あなたはいかがですか?

洗いすぎでも、乾燥した皮膚をなんとかしようと、かえって皮脂を分泌する結果となってしまいます。
これでは頭皮の脂が原因となっている加齢臭にも逆効果です。
まずお肌に優しいシャンプーで正しく清潔に頭皮を洗って、その後頭皮を乾燥させ、しっかり保湿をするという手順を試してみるだけでも、いくらか臭いの改善が見られるはずです。

お肌に優しいシャンプーといえば、アミノ酸系シャンプーがあります。
シャンプーも、選び方ひとつで頭皮や髪の毛の様子、手触りまでガラリと変わったりするものです。
加齢臭が気になる年齢になると、お肌や髪の毛の調子も下降気味なので、少しでも上向きになるように、優しいケアを選びたいですね。
シャンプーなんて、どれも同じ、ではないんです。

10代20代の頃は、皮脂分泌も、代謝も活発なので、皮脂をよく落とすシャンプーでも問題はあまり発生しないかもしれません。
ですが、30代40代となって、徐々に代謝も皮脂分泌も低下してくると、そうしたシャンプーが今度は刺激になってしまうこともあります。

ずっと使っていたものだから、という安心感もあるのですが、そうしたシャンプー選びが、知らず知らずにあなたの頭皮や髪の毛のダメージを引き起こしているということもあるのです。
年齢肌に応じて、化粧水や美容液を選ぶように、頭皮ももう少し意識してケアしてあげるといいですね。
いつまでも若い頃と同じお手入れでは、どんどん老化が進んでしまうかもしれません。
頭皮が老化すると、顔のたるみにもつながるので、ここは油断しないでおきたい重要ポイントですね。

頭の加齢臭や臭いを防ぐために頭皮にするケアは、臭いだけでなく頭皮や髪、お肌のためにもなるんです。
頭皮環境を整えれば、もちろん髪の毛の育成にも役立ちます。
頭皮のお手入れって、それほど気にしたことがないかもしれませんが、そろそろきちんと考えたほうがよい年齢なんですよね。
加齢臭が気になるというのは、こうしたことに気付くチャンスなのかもしれません。

最後に

加齢臭っていっても、これってあの化粧品メーカの資生堂の方が発見して命名したものなんですよね。
最近ではマンダムさんが発見したジアセチルによるミドル臭なんていうのも耳にします。
いずれにしても、年齢を重ねるごとに不快な臭いを発しやすくなるということなんですね。

以前、私が働いていた職場には、30代の女性で、かなりワキガの強い方がいました。
仕事している間ももちろんですが、夏場など一緒に昼食を食べると、申し訳ないんだけど食事する気になれないほどにかな~り強い臭いを放っていることもありました。

職場中の人がそれに気づいているのですが、それでも、恐らく本人はその臭いを認識していませんでした。特にケアをしている様子も一切なかったのです。
本人に知らせるべきか、考えたこともありましたが、やはり若い女性にそういったことを伝える勇気は私にはなく、「どうか家族の人よ、アドバイスしてあげてくれ!」と願うばかりでした。
こうした経験から、強い臭いであっても、自分では気づきにくいものなんだなぁ、と思い知らされました。

頭皮の臭いや加齢臭なんかも、自分では気づきにくいもので、周りから指摘されてはじめて認識した、なんていう方も多いのです。
加齢臭やミドル臭は、年齢になると男女関係なく発生するものなので、それを普段から意識しているとしていないでは大きな差が生まれてくるでしょう。

旦那の枕は臭いがしますが、これは天日干ししようが、枕カバーをどんなに洗濯しようが、なかなか臭いが消えることがない、なんて経験はありませんか?
あ~なる前に、女性として、できる対策はしておきたいですね。

40代女性の頭皮が臭い、その原因はやっぱりアレ?悩むより対策で解消!その方法とは?
みお あらやだっ?!なんか私の頭皮、臭ってるかも。 りこ 40代50代になったら、臭いケアもしとかないとね! 「うわ!近い!臭いと思われてないかな」 そん...