加齢臭の原因はドロドロ老廃物?コレステロールや血糖値まで上昇

【体験談】臭いトラブル

45歳の女性です。自分の加齢臭が気になり始めたのは、30代の後半でした。まだまだ若いんだし、多分汗の臭い、隅々までちゃんと洗えていないのかな?などと思ってたのです。でも、なんだかいつもなんとも言えない臭いがするのです。香水などでごまかしていますが、それでも自分自身あまりいい臭いではないと感じていました。特に、お肉、香辛料の強いものは次の日に臭います。お酒もそうです。毎日、石鹸でゴシゴシ洗っているのに臭うとなると、やはりこうした食生活のせいなのか、はたまたこれは加齢臭なのかもしれないと思うようになったのです。

その後40代になり、否応なく生活習慣の改善が必要となりました。
というのも、健康診断でコレステロール値や血糖値の数値が悪くなってきたのです。そこで、食事、運動と今までの生活を見直すことにしました。食事は、洋食系より和食系、極力味はうす味に。
ご飯、お味噌汁、魚、煮物、漬物、お肉は少なめ。
揚げるより焼く、焼くより煮たり蒸したり、こんな感じの食事に切り替えていきました。それでも時々、ピザやラーメンも食べましたが…。でも以前と比べると食べる頻度をかなり減らしました。

次に運動ですが、私は体を動かすのがとにかく嫌いで、普段から運動で汗を流すなんてことはほぼありませんでした。こんな状態でしたから、私の体内にはドロドロの老廃物がたっぷりと溜まった状態だったのだと思います。
そこで、毎日のウォーキングを取り入れることにしました。
普段運動していなかったこともあり、最初は抵抗がありましたが、健康診断の結果を見たらそんなことも言っていられなくなったんです。

ウォーキングをはじめて体のめぐりが良くなってくると、老廃物が排出されやすくなり、体内からきれいになっていくのだと思います。生活習慣を変えた結果、コレステロール値、血糖値は正常範囲内におさまりました。そして、嬉しいことにそれまでとても気になっていた加齢臭らしき臭いがかなり減ったように感じたことです。気付いたら、ほぼ臭いを気にしていない自分がいたのです。

私の発していた加齢臭らしき臭いは、体の巡りが悪く、老廃物が溜まりに溜まってそこから臭っていたのかもしれません。運動して汗をかいて代謝が良くなってくれば、自然と加齢臭の改善にもなるのだと思います。体のめぐりを良くすること、これがまず加齢臭改善に必要なことだと感じました。

臭いから体をゴシゴシと洗っていた私ですが、これは実は、やってはいけないことなのだそうです。ゴシゴシと強くこすって洗えば奪われた皮脂を取り戻そうと、さらに皮脂の分泌が盛んになってしまい、そうした皮脂が酸化して臭いの元になります。皮膚はもともと自浄作用があるので、そんなに洗わなくてもいいのです。

また、体を洗う時、いつも手軽なボディーソープを使っていたのですが、無添加の固形石鹸に変えてみました。肌になるべく負担をかけず、必要以上に皮脂を取らないようにしたかったからです。そもそも肌はお湯だけでもかなりきれいになるそうなのです。汗をかいて雑菌が繁殖しそうなところだけ毎日石鹸で洗い、あとはたまに石鹸を使うという程度にしました。
そして、余計な皮脂の分泌をさせないように、お風呂のあとの保湿も心がけました。

加齢臭が気になるからゴシゴシ洗うというのは間違っていて、臭いがするということは、肌環境も良くない可能性があるということを考えるようにしました。これは、頭や髪の毛にも同じことが言えます。頭皮をゴシゴシしすぎるより、優しく洗うほうが、頭皮の状態も良くなって臭いもしなくなります。

これは体質にもよると思うのですが、私の場合は、「ゴシゴシ落とす」をやめて、ひとまず肌の状態を良くする方向で対策をしたことで、良い結果を実感することができました。もちろん、食事や運動による相乗効果もあると思いますが、それと合わせて肌のコンディションを整えることで、お肌もキレイになった気がします。

私の場合は、健康診断で数値が悪くなってやっとのことで運動をはじめましたが、今思えば私の体臭は、そうしたことの前触れだったのかもしれません。
ですが、運動を初めたおかげで今は成果も出て、さすがにあんなに運動嫌いだった私もウォーキングなどで体を動かすことが楽しくなってきました。
これからも元気に動いてアンチエイジングを忘れずにいたいと思います。

【おすすめ関連記事】

頭皮の臭いは加齢臭?!気になる女性のシャンプー選び、ヘアケアは?

女性の頭皮の臭い、年代別の原因とは?変化とヘアケア、ここに注意!

頭皮の臭い、女性の場合 ケア方法はここに注意!