引っ越しのタイミングはいつが良い?損をしないで最適な日は?

安く引越しをするための方法

引っ越しのタイミングはいつが良いのかといえば
住み替える1週間前から準備をしていたほうが良いでしょう。

引っ越しのタイミングを間違ってしまうと
荷物の運び出しが遅れてしまい引っ越し先と
引っ越し前の家の家賃を同時に支払わないといけなくなります。

そうした二重払いをしなくても良いように
引っ越しのタイミングについて話をしていきます。

家賃の二重払いを防ぐには?

家賃の二重払いを防ぐには、退去日を決めて
早めに不要な荷物を梱包していくようにしたほうが良いでしょう。

筆者の場合は引っ越しをする1ヶ月前に
つかわない物はすべて梱包して引っ越しの準備を少しずつしていました。

引っ越し日には、大きな荷物だけを運び出せるように
少しずつ梱包をしておくのがベストです。

当日バタバタしなくて済みますよ。

退去日を決めておこう

退去日は基本的に、1ヶ月前に不動産会社へ
連絡をしておくことになっています。

契約内容によっては1ヶ月前又は3ヶ月前に
管理会社に連絡をするようになっています。

退去日まで月割りで家賃を計算するのか
それとも日割りで計算されるかによって話も変わってきます。

家賃の計算が月末までと決まっているなら
たとえ、退去日が20日だとしても月末までの家賃が請求されます。

 

退去日は立会いの下でチェックが行われる

退去日当日は、立会いの下で原状回復の度合いを
チェックしていくことになります。

チェック終了後に敷金から差し引かれる金額が決まるので
入居前からついていた傷などは、しっかりと伝えたほうが良いでしょう。

一番良いのは、証拠を撮影しておくことです。

最近ではパソコンで写真を編集することができるので
信憑性がない場合が多いです。

 

なので写真ではなく、動画のほうが良いかもしれません。

動画撮影の場合は、スマホでもできるので
入居前の日付付きで傷などを撮影をしておくと良いですね。

退去する場合は部屋のカギをしっかりと返却しよう!

賃貸を借りた場合は、カギをしっかりと返却することが大切です。

借りた本数だけしっかりと返すことで
カギの交換費用を請求されることがなくなります。

入居日を決めよう

退去日を決めたら、入居日を決めましょう。

入居日は交渉できる場合が多いので
退去日のほうを決めてから入居日を決めたほうが良いですね。

入居日は審査に通ってから、決まります。

入居審査というのは即日の場合は
約3日以内で、長くても2週間くらいです。

 

審査が通ってから、契約となり家賃が発生します。

入居日が日割りで計算されるなら
その日から家賃が発生します。

引っ越しのタイミングはいつが良い?まとめ

  • 家賃の二重払いを防ぐには入居日の日にちをずらす
  • 荷物の梱包は2ヶ月前から少しずつやっておく
  • 退去日の立ち合いでトラブルにならないために部屋の状態を写真又は動画で撮影しておく

家賃の二重払いを防ぐには
入居日の日にちをずらすという方法があります。

退去日に慌てないように、荷物を早めに梱包しておきましょう。

 

引っ越しをすべて丸投げするなら引っ越し業者に
全て任せれば楽に引っ越しができます。

各引っ越し業者に電話をしまくるというのも大変なので
一括見積サービスを利用すれば簡単に見積もりを出すことができます。

複数の引っ越し業者の見積もりを見て
一番安い業者に頼むと良いですね。

タイトルとURLをコピーしました